大阪府貝塚市の「貝塚中央病院」で平成20年1月、入院中の男性患者=当時(48)=がベッドで拘束中に重体となり、その後死亡した事件で、病院側が組織ぐるみでカルテや看護記録を改竄(かいざん)したとして、貝塚署が証拠隠滅容疑で男性理事長(61)ら3人を、同教唆容疑で男性看護師(54)=業務上過失致死罪で公判中=を、それぞれ書類送検したことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 ほかに証拠隠滅容疑で送検されたのは、男性当直医(30)と女性看護師長(58)の2人。貝塚署によると、理事長は「病院を守るためだった」と容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、事件は平成20年1月21日、看護師が無断でベッドに拘束帯で固定した患者が重体となり、救命病院へ搬送されたことをきっかけに発覚。

 送検容疑は、無断拘束の発覚を恐れた看護師が当直医に「家族がいます。助けてください」と懇願し、当直医が理事長に相談したところ、理事長は看護師長を呼び、当直医と相談してカルテや看護記録を改竄するよう指示したとしている。

 救命病院に残っていたカルテと貝塚中央病院のカルテの記載に整合性が取れない部分が見つかり、組織ぐるみの隠蔽(いんぺい)工作が発覚したという。

 男性患者は20年3月5日に死亡。司法解剖の結果、腹部を拘束帯で強く圧迫されたために腸管が壊死(えし)し、腹膜炎を発症したことが死因だった。

【関連記事】
薬を誤投与、患者死なせた容疑 医師ら4人書類送検
病院は死ぬところ…崩壊した「医のモラル」 山本病院事件の真相
筋弛緩剤事件真実は… 当時の副院長が手記発売
カルテ虚偽記入の疑いで京大病院の看護師を逮捕 京都府警
脂肪吸引手術の女性死亡 警視庁が品川美容外科を家宅捜索

水俣病救済方針を閣議決定(産経新聞)
橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石(産経新聞)
愛知5人殺傷 強い怒り、メッタ刺し 1人に17カ所も(毎日新聞)
街開き43年“ふるさと化”なるか 高齢化の泉北ニュータウン(産経新聞)
舛添新党不発…“重大発表”予告にマスコミ集結も肩すかし(スポーツ報知)