宮崎市が必死の口蹄疫ウイルス侵入防止策を展開している。同市は21日朝、感染エリアとの境界を流れる一ツ瀬川沿いに、農薬散布用の無線操縦ヘリコプターで感染防止に効果があるとされる酢を空中散布する「水際作戦」を始めた。

 川を挟んだ北側は、感染地の新富町と感染疑い例が出ている西都市で、ウイルスは南下している。

 市によると、口蹄疫ウイルスは水素イオン指数(pH)が6以下の環境で死滅か活動が弱まるとされている。酢の原液の指数は2~3で効果が大きく、人体や家畜にかかっても問題はないという。

 ヘリは全長約2メートルで、二つのタンクに指数6未満の希釈した酢を入れ、宮崎市側の岸辺約10キロに散布。24日まで同じ作業を3回繰り返す。この日、市職員やJA関係者約10人が緊張した表情で、高さ3~4メートルから散布する様子を見守った。

 市佐土原総合支所産業振興課の小松賢司主査は「やれることは全部やる。この川で絶対にウイルスの侵入を食い止める」と話した。

「“安上がり介護”に利用しないで!」NPO関係者らが怒りの声(医療介護CBニュース)
<機関紙投函裁判>控訴審も有罪支持 元厚労省職員に対して(毎日新聞)
民家全焼67歳?死亡 兵庫・姫路(産経新聞)
介護者を支える「ケアラーズ連盟」発足へ(医療介護CBニュース)
<トヨタ社長>「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)