前原誠司沖縄担当相は9日、フジテレビの番組に出演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、「一定の方向性を5月末につけるという首相の固い決意は変わっていないと思うが、5月31日ですべてが終わるということではおそらくないと思う」と、移設先となる地元自治体への協力要請などの作業が6月以降も続くとの認識を示した。
 同相は番組出演後、記者団に対し、「(5月末の)決着という定義をどうするかだと思うが、できるだけ結論を得るよう努力する」と強調。その上で、沖縄県や基地機能の移設に反対している鹿児島県・徳之島の関係者と、5月末以降も協力を求める交渉を続けていくことに関し、「必然的にそうならざるを得ないと思う」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~

<殺人>65歳の男女2人刺され死亡 京都・長岡京市の路上(毎日新聞)
普天間「県外に命懸ける」=社民議員、官邸前で抗議(時事通信)
「景観失格」解消…斜陽館前の架線を地中化(読売新聞)
橋下知事、大戸川ダム周辺整備「早く結論を」(読売新聞)
九尺藤 カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)