第26回織田作之助賞(大阪文学振興会主催)は9日、大賞が中丸美繪氏(54)のノンフィクション「オーケストラ、それは我なり-朝比奈隆 四つの試練」(文芸春秋)に決まった。賞金100万円。青春賞には島谷明氏(24)の小説「マニシェの林檎」、同賞佳作には木田肇氏(24)の小説「換気扇」がそれぞれ選ばれた。授賞式は2月23日、大阪市の綿業会館で。 

【関連ニュース】
芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初
朝日賞に野田秀樹氏ら
報道写真で09年振り返る=1月9日から
大佛次郎賞に石川九楊氏

向井千秋さん、気象利用に一役=国際検討チームのメンバーに-気象庁(時事通信)
結婚詐欺・連続不審死 不審死男性への詐欺容疑で女を再逮捕(産経新聞)
2遺体は瀬谷さんと孫の朱莉ちゃん 群馬の3人死亡火災(産経新聞)
「APEC対策、決意新たに」=警視庁が年頭部隊訓練(時事通信)
<石破政調会長>「あるまじきこと」小沢幹事長を批判(毎日新聞)