日赤によると、献血後に新型インフルエンザの感染の疑いや確定診断による血液製剤の回収が昨年、64件あった。血液製剤の安全性について日赤では、「潜伏期間と思われる献血者の血液中に新型インフルエンザウイルスが存在する可能性は極めて低い」としている。

 日赤の集計によると、新型インフルエンザによる昨年の血液製剤の回収は64件。月別に見ると、8月が2件、9月が1件、10月が7件、11月が21件、12月が33件で、年末にかけて増加している。回収された血液製剤はいずれも「人赤血球濃厚液」で、1件につき1本の回収。使用前に回収されたため健康被害はないという。
 さらに、今年は1月22日現在で血液製剤の回収は6件。このうち1件が「人血小板濃厚液」で、他の5件は「人赤血球濃厚液」だった。

 日赤では、ウイルスが血液中に存在するか否かを確認するための検査を実施し、調査した96本の血液すべてが陰性だったことを、昨年12月10日の厚生労働省の薬事・食品衛生審議会血液事業部会運営委員会に報告している。また、この結果から「潜伏期間と思われる献血者の血液中に新型インフルエンザウイルスが存在する可能性は極めて低く、また、輸血による新型インフルエンザ感染の可能性も極めて低い」としている。


【関連記事】
長妻大臣が献血キャンペーンを視察
新型インフルによる血液製剤の回収が増加
献血後に新型感染判明、日赤が血液製剤を回収
企業の協力で最大58日分の血液確保―日赤推計
新型インフル対策で英国滞在者からの献血制限緩和へ―日赤

レーザーポインターを無届け販売=輸入業者ら2人逮捕-大阪府警(時事通信)
またボンバル機が引き返し 警告灯の表示に不具合(産経新聞)
原子力事故 初期医療を支援する専門チーム発足 放医研(毎日新聞)
稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点-名護市長選(時事通信)
【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり(医療介護CBニュース)