経済産業省は4日、約20年前に製造された三菱電機製のブラウン管テレビが発火する事故が3件あったと発表した。経年劣化が原因とみられ、対象機種約26万台の使用中止を呼びかけている。

 対象製品は88年5月~91年1月に製造された29C-AT1▽29C-AT81▽29C-AT91▽29C-AT1BS▽29C-BA1▽27C-AT1▽29C-AT2▽29C-AT92▽29C-DA2▽27C-AT2▽29C-AT3▽29C-AT93▽29C-A3Z▽27C-AT3--の14機種と、ブラザー工業ブランドのCT29-844▽CT29-845▽CT29-846▽CT29-847▽CT27-742--の5機種。現在も使用されているのは約400台とみられるという。問い合わせは三菱電機(0120・250・395)まで。

【関連ニュース】
ブラザー工業(6448)は東証1部上昇率8位で前場を終了 複合機販売回復で通期利益予想を再増額
本日の予定

オバマ大統領との会談求める=訪米に前向き-民主小沢幹事長(時事通信)
免許取り立て、納車の翌日…車、コンビニに車突っ込む(産経新聞)
<深谷市長選>小島進氏が現職破り初当選(毎日新聞)
小沢氏不起訴で首相「責めは感じるべき」(読売新聞)
外国人遺体 成田着デルタ機の主脚格納部に 密航目的か(毎日新聞)