21日午後3時5分ごろ、茨城県小美玉市与沢の市道で、近くに住む農業、塙(はなわ)学(33)さんの三女、莱夢(らいむ)ちゃん(1)が、塙さんの運転する小型フォークリフトにはねられ、頭などを強く打ち、間もなく死亡した。

 茨城県警石岡署の調べによると、塙さんは路上にたまった泥を撤去する作業から帰宅中で、「路肩に娘がいたのは知っていたが、走行先に来たことには気付かなかった」と話している。莱夢ちゃんは自宅で母親と洗濯物と取り込んでいたが、いつの間にか姿が見えなくなり、現場付近に来ていたという。

 同署によると、現場は中央線のない幅2・4メートルの見通しのよい直線道路で、フォークリフトは時速約10キロで徐行していた。

【Web】ネット署名 社会に届け(産経新聞)
APEC控え協力態勢確認=税関、県警など横浜の4機関(時事通信)
<強盗殺人>被告に無罪判決 調書の信用性を否定 大分地裁(毎日新聞)
ガス田開発 中国強行なら提訴…政府、新対処方針伝える(毎日新聞)
執拗な家賃取り立てに懲役も 賃借人保護法案を閣議決定(産経新聞)