三菱化学鹿島事業所(茨城県神栖市)で2007年12月、4人が死亡したプラント火災で、水戸地検は5日、業務上過失致死罪で、当時の安全管理責任者であるグループマネジャー(41)ら2人を略式起訴した。水戸簡裁は同日、2人にそれぞれ100万円の略式命令を出し、即日納付された。
 一方、同容疑で書類送検された事業所長らほか6人は不起訴処分とした。
 起訴状などによると、マネジャーらは、同事業所第2エチレンプラントの冷却油配管バルブの元弁を開閉させる装置のメンテナンス作業で、誤作動を防ぐカバーを設置しないなど、注意義務や安全確認を怠った結果火災を発生させ、4人を死亡させたとされる。
 火災は07年12月21日午前11時半ごろ発生。同プラント分解炉付近で漏れ出した油に引火し、配管メンテナンス中の派遣作業員4人が焼死した。
 三菱化学鹿島事業所の話 再発防止策を徹底し、社会から信頼される事業所の構築に全力を尽くしたい。 

【関連ニュース】
パイオニア、増資による323億円の払い込み完了
三菱化学が色や光を自由に変えられる有機EL照明=世界初、2011年に発売
パイオニア、ホンダ・三菱電・三菱化と資本提携=海外でも増資、新興国を開拓
パイオニア、12年3月期の連結営業益270億円目指す=中期計画
PSジャパン、ポリスチレン樹脂値上げ=2月16日出荷分から

2グループ、きょう意見交換会(産経新聞)
自民、離党届け出の松田氏を除名へ 大島氏「私利、私益」(産経新聞)
死亡事故起こした男性消防士を懲戒処分 東京消防庁(産経新聞)
定員最多の阪大は7265人 国立大2次試験、教育・看護が人気(産経新聞)
時効廃止を答申 法制審 改正案、今夏成立も(産経新聞)