岡田克也外相は23日午後、三重県四日市市で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月末までと期限を切って具体案をつくるべく議論をしている。あらゆる可能性があるということで、もちろん今の案も一つの案であることは間違いない」と述べ、日米が合意しているキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)への移設で決着する可能性もあるとの認識を示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

菅家さん「全然かかわっていません」(産経新聞)
筒井寛秀師、死去 東大寺の元別当(産経新聞)
開かれない党首「討論」…小沢氏が導入主張したが(読売新聞)
ハイチ陸自派遣「工兵が一番求められている」(産経新聞)
総務相「関係者」発言、民放連会長が疑問視(読売新聞)