鳩山由紀夫首相は22日夜、高速道路新料金制度について「国会の審議の中で見直すかどうか決めてもらう」と述べ、前原誠司国土交通相との同日の協議を踏まえ、現時点では見直さない考えを明らかにした。
 民主党の要望を受けて制度の見直しをいったん決めながら、一日で方針を撤回したことに関しては「必ずしも党と政府の考え方が一致していなかった」と釈明した。首相官邸で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【Off Time】街ある記-富山県魚津
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~

「商品に毒物」、ローソン恐喝=現金受け取りに来ず-警視庁(時事通信)
「礼服に泥、レンタル代払え」 “汚れた詐欺”で男逮捕 大阪府警(産経新聞)
江東区で小学生の句集刊行(産経新聞)
恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
官房長官、移設説得へ徳之島乗り込みにも意欲(読売新聞)