「ヤミ専従が広がり、根深い実態があった」――。

 国土交通省・北海道開発局で23日、4000人以上の職員が「ヤミ専従」など勤務時間中の組合活動をしていたことが明らかになった。違反の実態を指摘した第三者委員会の報告書は、昨年8月の衆院選前、「全北海道開発局労働組合」(全開発)が組合員に、知り合いの名前などをカードに書かせるなど政治色の強い活動をしていたことも指摘し、問題の深刻さを浮き彫りにした。

 この日、国交省が公表した第三者委員会の報告書などによると、全開発は昨年7月頃、連合の要請を受けて一部の組合員にカードを配布、勤務時間中に知人の住所や名前を記入させていたが、この直後、同開発局のヤミ専従の問題が表面化したことなどから、カードは連合に提出されなかった。

「警察は被害女児家族におわびを」公安委員長(読売新聞)
不況で共働き増、多数の待機児童出る見通し(読売新聞)
「民主の古くささ」を懸念=政治とカネで野田副大臣(時事通信)
核持ち込み、あり得た=東郷氏(時事通信)
武蔵国司館跡か、府中で大型の建物4棟発見(読売新聞)