北沢防衛相は20日午前の閣議後の記者会見で、沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題で政府が検討している鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転案について、「仮に徳之島でお願いするということになれば、今の状況はなかなか厳しいものがある」との認識を示した。

 その上で、「(移設先が)沖縄以外ということになれば、徳之島に代表されるように極めて難しい問題だということが浮き彫りになってきた」と指摘した。

 その後の参院外交防衛委員会では、鳩山首相が目指す5月末までの決着に関し、「相手のあることなので、5月末までに完全に決着するとは私の立場で申し上げるわけにはいかない」と述べ、期限内に与党、地元、米国が納得する案をまとめるのは困難だとの考えを示した。

 一方、首相は20日朝、首相公邸前で記者団に「とにかく5月末までに決着すると申し上げているわけだから、その決意を持ってやるのみだ」と改めて強調した。

厚労相に孤独死の全国調査実施を要請―千葉・常盤平団地自治会など(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>親子タケノコ、府中で見つかる (毎日新聞)
事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)
「振り込め」口座用に保険証詐取=架空名義、容疑で2人逮捕-警視庁(時事通信)
裁判員制度「合憲」 初判断「国民参加は許容」 東京高裁(産経新聞)