第142回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が14日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、直木賞は佐々木譲さん(59)の「廃墟に乞う」(文芸春秋)と、白石一文さん(51)の「ほかならぬ人へ」(祥伝社)の2作に決まった。白石さんの父、故・白石一郎さんは1987年に「海狼伝」で直木賞を受けており、初の親子受賞となった。芥川賞は該当作なしと決まった。同賞で該当作がなかったのは、1999年上期の第121回以来、21期ぶり。
 授賞式は2月19日、東京・丸の内の東京会館で行われ、正賞の時計と副賞100万円が贈られる。 

【関連ニュース】
織田作之助賞に中丸美繪氏ら
芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初
朝日賞に野田秀樹氏ら
報道写真で09年振り返る=1月9日から

<政教分離>「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決(毎日新聞)
マイレージは保護、優待券も有効=ツアーは通常通り-日航更生法申請(時事通信)
<元オウム幹部>新実被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却(毎日新聞)
<センター試験>監督者のミス 信州大の14分早く始めた試験(毎日新聞)
土地購入事件 閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)