大学入試センター試験は2日目の17日、理科と数学の試験が全国725会場で行われ、全日程を終了した。

 大学入試センターによると、北海道では大雪による交通機関の乱れのため、札幌市の北海道大など9会場で午前9時半の試験開始時間を1時間繰り下げた。信州大工学部の会場(長野市)で行われた理科(1)の試験では、1教室で監督官が14分早く試験開始を命じるミスがあった。

 また、大雪の影響や病気などでこの日新たに278人が追試受験の許可を受け、2日間で計961人が追試対象となった。このうち509人はインフルエンザが原因だった。追試対象者は95年の934人を上回り、過去最高を更新した。

 ただ、センターは新型インフルエンザの影響で最大5万人強が追試を受ける事態も想定していただけに「思ったより少なくてホッとしている」と話した。

 追試は30、31日に行われる。例年は全国で2カ所だが、今年は新型インフルエンザ対策のため全都道府県に会場を設置。対象者が1人しかいなかった鳥取、島根両県を含め、すべての会場で追試を行うことになった。【本橋和夫、井上俊樹】

【関連ニュース】
センター試験:踏切事故で長野で開始遅れ
センター試験:札幌、江別で理科1時間繰り下げ 大雪で
センター試験:今年も地元志向「就職を意識」
センター試験:初日に55万人 全国725会場
センター試験:インフルで欠席 初日は全国426人

外国人参政権、通常国会に提出=平野官房長官(時事通信)
<花粉>2月上旬~中旬ごろから飛散 量は少なめ…気象協会(毎日新聞)
犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは(産経新聞)
民主の検察批判「小沢紅衛兵だ」…自民・川崎氏(読売新聞)
インド洋給油活動終了へ 防衛相が撤収命令(産経新聞)