午前6時16分、公邸発。「小沢幹事長が『近々国民に理解をしてもらえるような状況をつくる』と話したということだが」に「小沢幹事長ご自身で身の潔白を証明したいと申しておりますから、そのような場が近々できれば大変望ましいことだ。私はそこですべてが明らかになると信じている」。同18分、官邸着。同19分、執務室へ。同21分、松野頼久、松井孝治両官房副長官が入った。
 午前7時、平野博文官房長官が加わった。同8時21分、松野氏が出た。
 午前8時37分、平野、松井両氏が出た。
 午前8時52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同55分、国会着。同57分、衆院第1委員室へ。同9時1分、衆院予算委員会開会。
 午後0時、衆院予算委休憩。同1分、衆院第1委員室を出て、同3分、国会発。同5分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午後0時10分、同室を出て首相会議室へ。
 午後0時26分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後0時51分、執務室を出て、同53分、官邸発。同54分、国会着。同56分、衆院第1委員室へ。同1時、衆院予算委再開。
 午後5時、衆院予算委散会。同2分、衆院第1委員室を出て、同4分、国会発。同5分、官邸着。同7分、執務室へ。
 午後5時43分から同6時21分まで、小田部陽一外務審議官。同24分、平野官房長官、岡田克也外相が入った。
 午後6時35分、岡田氏が出た。同39分、平野氏が出た。
 午後6時57分、執務室を出て、同58分、小ホールへ。同59分から同7時6分まで、報道各社のインタビュー。「予算委員会における自民党の谷垣総裁との論戦の感想は」に「わたしとしては誠心誠意、真実を、自分の思いを述べたつもりです」。同7分、小ホールを出て官邸発。同12分、東京・赤坂の日本料理店「浅田」着。日本相撲協会の北の湖前理事長らと懇談。尾立源幸民主党参院議員同席。同56分、同所発。同59分、公邸着。
 22日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

3月18日に新証人尋問…羽賀研二被告控訴審(スポーツ報知)
<女性殺害>72歳朝の散歩帰り 空き地で雪に埋まり 札幌(毎日新聞)
小沢氏が4億円不記載了承…石川議員が供述(読売新聞)
<窃盗>高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖(毎日新聞)
「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)