国土交通省は19日、東北新幹線(八戸-新青森)の12月の延伸開業に伴い、JR東日本から経営分離される東北線(八戸-青森、96キロ)を引き継ぐ第三セクター「青い森鉄道」と青森県の事業申請を許可した。
 青い森鉄道は2002年12月の東北新幹線延伸時に目時-八戸間で開業。今回の青森までの延長で全長121.9キロとなり、地方鉄道では熊本、鹿児島両県間を運行する「肥薩おれんじ鉄道」(116.9キロ)を抜き全国最長となる。ただ、経営状況は厳しく、青森県などは国に財政支援を求めている。 

【関連ニュース】
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界
山梨、茨城などで積雪=気象庁

花粉シーズン到来 対策グッズが華やかに ファッション性アップ(産経新聞)
北教組裏金 「委員長らから1600万」 小林陣営の会計担当供述(産経新聞)
<普天間移設>民主沖縄県連、県内移設反対を強調(毎日新聞)
反捕鯨団体船長、日本船に侵入=水上スキーで接近-南極海で(時事通信)
「経営のため生活保護者を受け入れた」とたまゆら理事長 約2億5千万円の負債も判明(産経新聞)