【ニューヨーク小倉孝保】米グーグルの書籍電子化をめぐる集団訴訟についての公聴会が18日、ニューヨーク連邦地裁で開かれた。26団体が発言、大多数がグーグル側和解案への反論だった。

 日本ペンクラブの山田健太言論表現委員会委員長も出席、和解案が承認されれば出版の多様性や表現の自由を脅かす危険があると意見陳述した。フランス、ドイツ両政府の代理人も著作権者の承認を得ない書籍電子化に反対の意見を述べた。

 今和解案については米司法省も、公正な競争を疎外する恐れがあるなど懸念を表明、地裁がこのままの形で承認するかどうかは微妙な情勢だ。

【関連ニュース】
グーグル:米情報機関に協力要請 「国家介入」で議論も
米グーグル:独自に開発の携帯が苦戦 1カ月わずか8万台
グーグル問題:協議継続で一致 米中外相
グーグル問題:中国が反論「内政干渉」「事実無根」
グーグル:「中米関係損なう」米の批判に中国反発

<公務員法改正案>閣議決定見送り(毎日新聞)
インフル患者、3週連続で減少―全都道府県が定点当たり10未満に(医療介護CBニュース)
鳩山内閣支持率30%台突入 政権「危険水域」迫る?(J-CASTニュース)
<相武紗季さん>運転中追突事故 東京・品川で(毎日新聞)
「勇気ある行動」男性に感謝状=線路転落の女性救助-東京消防庁(時事通信)