民主、社民、国民新の与党3党は23日、国会内で国対委員長会談を開き、平成22年度予算案について、3月1日に衆院を通過させる方針で一致した。

 自民党は22日から衆院予算委員会で審議拒否を続けているが、山岡賢次国対委員長は会談後、記者団に対し「国会は若干不正常だが、一党だけが党の都合で出てこないということがあってもほぼ正常化だ」との認識を示し、「粛々と(予算審議を)やっていくことで一致した」と述べた。

【関連記事】
自民、審議拒否を続行 「子ども手当」法案、午後に審議入りへ
「政治とカネ」説明責任 国会避ける小沢氏
地方選勝利の勢いで自民が強気の審議拒否
小沢氏らの国会招致など申し入れ 衆院議長に野党

<機密費>前政権末期の支出「それまでと異なる」 政府見解(毎日新聞)
国公立大入試4.9倍=志願倍率が確定-文科省(時事通信)
<訃報>雨宮淳さん72歳=彫刻家、日本彫刻会元理事長(毎日新聞)
月1万円の賃金引き上げや定期昇給を要求へ―介護クラフトユニオン(医療介護CBニュース)
<訃報>齋藤賢四郎さん89歳=元ナブコ社長(毎日新聞)