社民党の福島瑞穂党首は25日午後、沖縄県を訪問し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題をめぐり仲井真弘多知事らと会談する。福島氏は、鳩山由紀夫首相が表明した名護市辺野古への移設に断固反対する決意を伝え、地元との連携を強めたい考えだ。
 社民党内では、日米両政府が月内にまとめる合意文書に「辺野古移設」が明記されるなど、県内移設を強行する首相の姿勢が明確になった場合には、連立政権からの離脱を決断すべきだとの意見も出ている。沖縄訪問には、今後の党の対応を決める上で、地元の意見を細かく聴取する狙いもある。
 福島氏は、仲井真知事のほか、稲嶺進名護市長や伊波洋一宜野湾市長とも会談する。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

炎上タクシーの中から男性?遺体 神奈川(産経新聞)
事業仕分け 4割強が「一者応札」 建設8団体(産経新聞)
民族の矜持を踏みにじる…NHKこそ「人間動物園」ではないのか(産経新聞)
<掘り出しニュース>処分ペット写真展、最後の表情 無責任飼い主浮き彫(毎日新聞)
バスと車衝突、15人搬送=北海道(時事通信)