岡山県勝央町の倉庫から米3660キロを盗んだとして、県警美作署などは19日、窃盗などの疑いで、同県津山市三浦、無職前田正一容疑者(26)を逮捕した。
 同署によると、前田容疑者は容疑を認め、「遊ぶ金が欲しかった。ほかにも1、2件やった」と供述。津山市内でも1件、同様の被害が確認されており関連を調べる。
 逮捕容疑は先月5日未明、農業を営む男性(55)が所有する勝央町の農業倉庫に侵入し、倉庫内にあったフォークリフトを運転して、1袋30キロ入りの玄米122袋(91万5000円相当)などを盗んだ疑い。 

【関連ニュース】
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述
タクシー無賃乗車、売上金盗む=容疑で男子高生ら3人逮捕
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕
すり未遂容疑で文科省職員逮捕=電車内、「2、3回やった」
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑

9人目を逮捕、監禁容疑=公園前路上の男性遺体-警視庁(時事通信)
<お別れの会>中野寛孝さん=3月13日死去(毎日新聞)
強毒性の新型インフルに備え 厚生労働省が業務継続計画(産経新聞)
<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
<愛知5人殺傷>県の機関や警察の助言でネット停止(毎日新聞)