2015年07月16日

読みやすく 読みたいものを 手づくりで

PTA広報紙に関わってくださっている皆様へ

 皆様こんにちは。お元気でご活躍のことと存じます。

 来る7月18日土曜日に大阪府PTA協議会広報紙講習会が開催されます。当日は、立石隆則が今までのコンクール入賞紙面を材料に「読みやすく 読みたいものを 手作りで」の柱に沿ってお話しします。

今年もやります!!夏の広報紙づくり講習会

と き:平成27年7月18日土曜日 13時30分から16時30分
ところ:弁天町ORC200生涯学習センター 港区弁天1-2-2-700(オーク2番街7階)アクセス地図

特集記事のまとめ方

 当日のお話のノート替わりにいくつかのポイントに絞って、まとめてみようと思います。
養精中14養精中16
最後は専門家の意見で締める

 養精中学校の特集は、今どきの携帯電話事情。特集の最後は、KDDIのO様を講師に招いてのケータイ教室でした。「親子でルールを作りましょう」の実践編も含め、特集のまとめ方のお手本のような紙面になっています。

 例えば一般紙の社会面でも、大きな事件の報道などで、記事の最後に専門家の見解が掲載されることがあります。 この場合はたいてい複数(2人)の識者の見解が簡潔にまとめられていて、読者に判断の材料を提供する意図があります。

 PTA広報紙の特集のまとめで専門家の意見が聞きたいときはどうするか。学校では、進路指導主事や生活指導主事、養護教諭や栄養教諭などの専門職がいます。最近では、スクールカウンセラーやスクールケースワーカー等の心や福祉の専門家も配置され始めています。

 学力・進路、心とカラダ、食育などPTA広報紙で取り上げやすいテーマについて、ご意見を頂ける先生方が、学校には、たくさんいらっしゃいます。学校内で見つからない場合でも、市全体でまたは教育委員会には、ご意見がもらえる可能性があります。

 特集記事でお困りのことがあったら、まずは校長室に行って相談しましょう、と申し上げております。

親近感は信頼感
西幼稚園年少さんから年長さんへ右西幼稚園年少さんから年長さんへ左西幼稚園先生たちの放課後西幼稚園ママは何しているの左ひかり幼稚園11ひかり幼稚園12ひかり幼稚園01


 
















本日はここまでで小休止します。続編をお楽しみに・・・。

 訪問してくださった方は、ぜひコメントをお書きください。双方向コミュニケーションを楽しみにしています。よろしくお願いします。

ぜひ足跡を残してください

お問い合わせはどんなことでも・・・大阪府PTA協議会事務局
〒534-0025 大阪市都島区片町2-2-40 大発ビル301    地図
TEL:06-6949-8300 / FAX:06-6949-8301  e-mail:info@osaka-prefpta.jpへ。


立石隆則に直接ご連絡くださる場合は・・・e-mail:ritsuyan@vanilla.ocn.ne.jpへメールください。



この記事へのコメント
こんにちは!
7/18は講習会ありがとうございました。立石先生のお話は、毎回とても参考になります。また、やる気もわいてきます!
講習内容をまとめてくださり、ありがとうございます。復習できるので嬉しいです。
私たちの中学の広報は例年写真集のような内容で引き継ぎされているのですが、写真の載っていないご家庭では読まれていないように思います。
こどもの気持ちや意見を聴くことの大切さや、こどもの力の素晴らしさが伝わるような特集記事づくりにチャレンジしてみたいです!

Posted by 久本 at 2015年08月13日 20:30