こんばんは。陸上部長距離1年の千々松です。9/9~9/11に長崎県島原市で行われた試走合宿に関しての振り返りをしていこうと思います。
IMG_2125[1]

この合宿は12月にある島原学生駅伝に備えてコースを試走し特徴や癖をつかもうという目的のもと行われました。基本的にはjogでコースを巡るのですが異常とも思える暑さや島原の過酷な地形によりなかなか負荷の高い練習だったように思われます。以下、練習内容です。

9日(月)  4区試走
10日(火)  (午前)1,2区または4区/(午後)5区または6,7区
11日(水)  5区試走

島原駅伝のコースを全く知らなかった1年生の自分にとって初日の4区、三日目の5区はとても衝撃的でした。4区の山は最初に車で下見した時にこの激坂を走るのかと考えた時点で絶望しましたし、実際に走ってみても辛すぎて早く走り終わらないかなと良くないことを考えてしまいました。腕を振っても振っても足は前に進まず、地獄のような坂だというのが走ってみての感想です。コースを知るというのが今回の目的なのでそういう意味では目標を達成できたのかも知れません…4区を走る方にはリスペクトの気持ちしかないです。尊敬。

IMG_2128[1]
二日目に走った6,7区について先に触れておくと、暑さのせいもあってかとても長く感じました。6区の下りはフォームを意識し続けないとバラバラになってしまいそうだと思った一方、個人的には一番好きなコースでした。いつかは走りたいです。

最終日には5区を試走しました。前半の下り部分は急激な傾斜に足を任せてしまうと転がり落ちてしまいそうで必死にブレーキをかけてしまい、太ももと腱のあたりが現在も筋肉痛です。下り終わって息つく暇もなく始まる後半の山登りは、下りとのギャップで走るのがとても難しかったです。

以上二泊三日間の合宿でしたが、日中の練習だけでなく夜のミーティングも為になる内容でした。高校の時のように先生から出されたメニューをただこなすという訳にはいかない大学生は、各個人がチームのことを考えながらどうすれば自分自身が強くなれるのかを考えなければならないという事実を改めて認識できたミーティングになりました。

三ヶ月後の駅伝本番に向けてまずはチーム内選考、選ばれてチームに貢献できるように頑張っていこうと思います!合宿お疲れ様でした。
IMG_2127[1]