2017年07月

それはあるかも、俺も会いたい!」 とマスターはさっきの態度から一変したようにそう反応する樓宇二按。 なるほど。 そう言えばアイツのオンナ絡みなら???ひとつ思い当たる節があるなあ」 と今度はホンジョウが納得したようにひとりそうつぶやく。 アイツ、たぶん俺に言ったこと忘れてると思うんだけど、ボストンに留学してた頃に出逢った、今でも忘れられないオンナがひとりいるって???、俺アイツから聞いたことがあるんだよ」 わかった! それをホンジョウさんがもう一回ちゃんとナカバヤシさんにプッシュして思い出させ、やっぱり彼女にどうしても再会してみたい、ってそう思わせるってことね心跳錶?!」 とモトコはクイズの解答に正解でもしたかのように喜んでそう答える。 まあ、とは言ったものの???そのナカバヤシさんって方が実際にそう思ったとしても、次に来るそのアクションに出るまでがねえ???、大抵の場合はかなり難しいんですけど」 と今度はイナガキがそう水を注す。 そうだよなあ。 実際、探偵に依頼なんてなあ。 って、あれ? でも待てよ」 とクリエイターのホンジョウは何かを思いついたかのように上目遣いに天井を見上げ、しばらく考えこんだ末にこう言った。 そうだ、イナガキさん? なんかチラシとか持ってませんか?その探偵事務所の」 チラシ? チラシねえ???。 ああ、確か鞄の中に」 とイナガキはごそごそと鞄の中をしばし漁ると、 ああ、ありました、これ」 と言ってカウンターの上にそのチラシとやらを置いた側睡枕頭 。 それはいたってシンプルなチラシだった。 白バックの中央に、 『イナガキ探偵事務所何でもお気軽にご依頼ください』 と言ったコピーラインが地味な縦書き明朝体で書かれ、そしてそのすぐ下に横書きで連絡先と思われる携帯の電話番号が記されている。

それはあるかも、俺も会いたい!」 とマスターはさっきの態度から一変したようにそう反応する。 なるほど。 そう言えばアイツのオンナ絡みなら???ひとつ思い当たる節があるなあ」 と今度はホンジョウが納得したようにひとりそうつぶやく。 アイツ、たぶん俺に言ったこと忘れてると思うんだけど、ボストンに留学してた頃に出逢った、今でも忘れられないオンナがひとりいるって???、俺アイツから聞いたことがあるんだよ」 わかった! それをホンジョウさんがもう一回ちゃんとナカバヤシさんにプッシュして思い出させ、やっぱり彼女にどうしても再会してみたい、ってそう思わせるってことね?!」 とモトコはクイズの解答に正解でもしたかのように喜んでそう答える。 まあ、とは言ったものの???そのナカバヤシさんって方が実際にそう思ったとしても、次に来るそのアクションに出るまでがねえ???、大抵の場合はかなり難しいんですけど」 と今度はイナガキがそう水を注す。 そうだよなあ。 実際、探偵に依頼なんてなあ。 って、あれ? でも待てよ」 とクリエイターのホンジョウは何かを思いついたかのように上目遣いに天井を見上げ、しばらく考えこんだ末にこう言った。 そうだ、イナガキさん? なんかチラシとか持ってませんか?その探偵事務所の」 チラシ? チラシねえ???。 ああ、確か鞄の中に」 とイナガキはごそごそと鞄の中をしばし漁ると、 ああ、ありました、これ」 と言ってカウンターの上にそのチラシとやらを置いた。 それはいたってシンプルなチラシだった。 白バックの中央に、 『イナガキ探偵事務所何でもお気軽にご依頼ください』 と言ったコピーラインが地味な縦書き明朝体で書かれ、そしてそのすぐ下に横書きで連絡先と思われる携帯の電話番号が記されている。

それはあるかも、俺も会いたい!」 とマスターはさっきの態度から一変したようにそう反応する。 なるほど。 そう言えばアイツのオンナ絡みなら???ひとつ思い当たる節があるなあ」 と今度はホンジョウが納得したようにひとりそうつぶやく。 アイツ、たぶん俺に言ったこと忘れてると思うんだけど、ボストンに留学してた頃に出逢った、今でも忘れられないオンナがひとりいるって???、俺アイツから聞いたことがあるんだよ」 わかった! それをホンジョウさんがもう一回ちゃんとナカバヤシさんにプッシュして思い出させ、やっぱり彼女にどうしても再会してみたい、ってそう思わせるってことね?!」 とモトコはクイズの解答に正解でもしたかのように喜んでそう答える。 まあ、とは言ったものの???そのナカバヤシさんって方が実際にそう思ったとしても、次に来るそのアクションに出るまでがねえ???、大抵の場合はかなり難しいんですけど」 と今度はイナガキがそう水を注す。 そうだよなあ。 実際、探偵に依頼なんてなあ。 って、あれ? でも待てよ」 とクリエイターのホンジョウは何かを思いついたかのように上目遣いに天井を見上げ、しばらく考えこんだ末にこう言った。 そうだ、イナガキさん? なんかチラシとか持ってませんか?その探偵事務所の」 チラシ? チラシねえ???。 ああ、確か鞄の中に」 とイナガキはごそごそと鞄の中をしばし漁ると、 ああ、ありました、これ」 と言ってカウンターの上にそのチラシとやらを置いた。 それはいたってシンプルなチラシだった。 白バックの中央に、 『イナガキ探偵事務所何でもお気軽にご依頼ください』 と言ったコピーラインが地味な縦書き明朝体で書かれ、そしてそのすぐ下に横書きで連絡先と思われる携帯の電話番号が記されている。

つまりヒカルの存在は、彼の今世における全ての女性関係の上位概念として位置している。
そしてそれは、彼の今世においても今後変わるようなレベルのものではない。
と言うことはつまり、もし仮に彼が今後ひとりだけ、彼にとっての特別な女性を選ぶのだとするならば、それはまさにヒカル以外にはいない」。
はっきりとそう彼に伝達しようとしていたのではなかったかSmarTone 上網
しかもそれをカウンセリングと言う、彼がもっとも不安定な心の状態の時にヒカルはそれを刷り込んだのだ。
それはまさに自分のエゴによるマインドコントロール。
洗脳行為に他ならなかったのではないか?
そんな自分をヒカルはヒーラーとして許せなかった。
そしてそれはまた、現在の自分のプロとしての未熟さをまさに象徴している、そう自分を卑下する以外にどうしようもなかった。
なんと言うていたらく。

しかしそう考える一方でヒカルは、そもそも自分は恋愛と言うものをいささか大それたものとして考え過ぎなのではないか?そう思わないでもなかった。
つまりそれは、自分がヒーラーとしてどうこうと言った以前の問題としてである。
そしてそれは、シンプルにリュウイチのことで自分で自分を責めているだけのことなのではないか?
ホンジョウはもちろんリュウイチではないし、自分の親友の大切な人?と言うわけでもない。
クライアントであると言う障害(もちろんそれは、とんでもない障害とも言えるのだが)を理由に、新たな恋愛に踏み込めない自分をただそうやって正当化しているだけなのではないか東芝 冷氣機的製冷能源效率較高。?

ここにきてまた自分は???、自分をただ正当化して逃げているだけなのではないか?と。
ちょっと悲しいけど、なんかいい話ね。
でもやっぱそのミカリンさんって???、ヒカルさんのことがすごく好きだったんだね」
と、それからワカバヤシマキはヒカルの話の途中で注文し飲みかけだったモヒートを一気に飲み干し、
マスター、もう一杯。
このグラスでいいからモヒート。
ミントもこのままでいいよ、まだ味するから」
と言った。
気使ってもらって悪いね。
じゃあ、半額にしとく」
と言いながらマスターはマキのグラスにバカルディー、シロップ、そしてソーダを足してステアする。
しんみりさせちゃってごめんなさいね。
今日はわたし、飲み過ぎちゃったみたい」
とヒカルは水滴だらけの自分のグラスを見つめ、ひとり黄昏れている様子。
ヒカルさん、それからCAはすぐ辞めちゃったの?」
とマキ。
ええ、その翌年の2001年の春だったかなSmarTone 續約
元々それほど好きでやってた仕事じゃなかったし、体力的にも本当に大変だったんですよ、あの仕事。
やっぱり文科系のわたしにはキツかったみたい」
で?
それからいきなりヒーラーさんですか?」
とマスターが突っ込む。
まあ、それからわたしもいろいろと考えて???、1年ぐらいは何もしてなかったかな。

↑このページのトップヘ