aamall

January 17, 2019

新年明けました

 ブログではかなり遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
 2019年になりました。どうやら今年で平成が終わるようです。
 まぁ正直なところ、元号なんて必要ないと思うけどな。毎回西暦から計算し直すの面倒やねん。
 で、今年はミュージックビデオやら音源やら何かとリリースしていきたいと思います。ここ4年くらいリリースを全くしていなかったので……。
 新曲も結構たまっているのでそろそろ録音していかんとね。頑張りますわ。

 ところで先日、2019年初のライブを行いました!
 手応えは上々。新曲たちがバンドに馴染み始めたような気がします。
 観てくれているお客さんにもやりたいことが伝わるようになってきたようにも思います。
 ここ最近目指している"空間を作り上げる"ライブが徐々にできてきたのではないでしょうか。
 とにかくそこで鳴っている音だけでなんだか楽しい空間にしたいのです。
 言葉が分からなくとも、感情に訴えかけなくとも、音楽が楽しくさせてくれるような……。
 まだまだ磨いていきたいと思います!!!
 バンドをやり始めた頃の実験を楽しむようなあの感覚を忘れず!

qlip_rock at 12:00|PermalinkComments(0) 小椋一親 

昨年買った中でおすすめ

 2018年に買ったものでおすすめしたいものを書いておきます。
 全部ファッション関係やけど。

・ユニクロ ソフトタッチシリーズ
 詳しくはこちらの記事に書きました。
 肌の弱い方に特におすすめします。

・コンバース チャックテイラー復刻1970
 通称CT70。既に知っている人も多いと思いますが。
 普通のコンバースより厚底で履き心地がなかなか良いです。
 一番良いと思うのは色の豊富さです。普通のコンバースにはない色が多々あります。
 日本では流通していないので輸入して売っている店で買う必要があります。
 値段も通常の3倍くらいしますが、物好きな方は是非。

・バトナー シグネチャーシリーズ
 これは一番おすすめしたい。
 ものとしては普通のニットです。とにかく暖かい。
 厚くて重いので当然かもしれませんが、暖かいです。
 そしてギチギチに編んであるのでチクチクしません。
 一着買って良かったのですぐに色違いを買いました(茶と紺)。
 値段もそこまで高くないので本当におすすめです。
 でももうこの時期は売ってないかなぁ。来年は白と黒を買うつもりです。

qlip_rock at 12:00|PermalinkComments(0) 小椋一親 

気付いたこと

 昨日ふと気付いたんですよ。
 皆さんも日々色々と行動しているかとは思いますが、その行動の一つ一つには何かしらの目的があるはずです。
 あまりにも当たり前の行動であれば、目的など意識せずに行っているかもしれません。当初明確だった目的もいつの間にか忘れているかもしれません。
 そう、僕はまさにその状態だったのです。理由も分からずに使命感に駆られて行動していました。
 そして、昨日その理由に気付きました。いや、思い出しました。
 良い曲を作ること。
 もう少し詳しく書くと、自分が納得できる曲を作ること。
 そのために日々時間を費やしていたようです。
 何故こんなに聴いたこともない曲を聴くのか?
 何故こんなに良いフレーズを作ろうと必死に楽器を手に取るのか?
 何故こんなに好きな曲の細かいところまで聴くのか?
 何故こんなに好きなバンドの音作りを知ろうとするのか?
 何故こんなに理想の音を出そうとお金を使うのか?
 何故こんなに……?
 理由を思い出すまでは「なんでこんなことしてるんやろ?」と思いながらやっていたことです。
 最初は覚えていたはずの目的が当たり前になってしまったことで消え去ってしまったのでしょう。
 木を見て森を見ずとはまさにこのことなのではないでしょうか。面白いですね。
 どっちにしろ、良い曲を作っていきます。一般的な"良い"とは違うかもしれませんが。

qlip_rock at 12:00|PermalinkComments(0) 小椋一親 

December 27, 2018

CDというメディア

 CDはもはやコレクターズアイテムになった。
 わざと反感を買いやすい言葉を選んでみたが、実際その通りになりつつあると思う。
 何故ならCDを買うメリットが以下の3点程度しかないから。
 ・所有欲を満たせる。
 ・アートワーク(ジャケット、歌詞カードなどのデザイン)を楽しめる。
 ・非圧縮の音源を入手できる。
 しかもこの3点については音源の最大の目的である「聴く」の価値を超えることがないと言って良い。
 今主流になりつつある(もうなっている?)サブスクリプション(SpotifyやApple Musicなどの期間制定額サービス)の利点を上回ることもないように思う。
 だって、期間が限られているとは言え、どこからでも莫大なデータベースから検索してダウンロードしてすぐに聴けるんやで。しかもダウンロード回数は無制限で大体月額約1,000円。そりゃ消費者はこっちを選ぶわ。T○WER REC○RDもTSUT○YAも要らんようになるわ。
 作っている側からしたらとんでもないサービスやと思う。1曲の価値が爆裂に下がるし。例えば10曲3,000円のアルバムなら1曲300円くらいやん。それが月額1,000円で無限にダウンロードできるんやからもう1曲の値段なんて1円未満やん。CDって作るのにめっちゃ金かかるのにな。レコーディング関連だけでも何十万円かかるし、CDをパッケージするのも更に何十万円かかる。本当はフルアルバムなら5,000円くらいで売りたいくらいのもの(笑)。
 でも逆に言うと、音楽を聴くということが昔と比べると遥かに簡単になってハードルが下がっているということも考えられる。金銭的にはピンチやけど機会的にはチャンスなのかもしれない。見つけてもらってすぐに聴いてもらえるというのは大きい。
 で、そんなことを考えていると、結局CDっていうのはマニアだけが買う物になってきたのかなという感想に落ち着く。アニメやドラマでいうDVDやBlue-Rayのような立ち位置かな。その制作者にお金を落としたい人だけが買う。ある種のクラウドファンディング的な。なんかそんな感じになってきたのかなと思う。

 なんせApple Musicが便利過ぎる。こんなん文字通り一生音楽を聴き続けられるで。

qlip_rock at 12:00|PermalinkComments(0) 小椋一親 

December 26, 2018

iPhone XS

 約10年使っていたiPod Classicから異音が鳴り出し、曲が飛ぶようになった。恐らくHDDが壊れたのだろう。こんなときは普通ならiPhoneにデータを移行すれば良いのだが、iPod Classicには100GB以上のデータが入っており、持っていたのがiPhone 5Sの64GBモデルだったので容量が足りなかった。こうなると音楽を聴く機器を失ってしまうので仕方なくiPhoneを変えることにした。
 そこで、クリスマスイブに5年くらい使っていたiPhone 5SからiPhone XSに変えた。吉田さんが使っていて良さそうだったので便乗した。容量は512GB。音楽も動画も十分に入れられる。
 バックアップとか初期設定に少し時間がかかったが、まぁ問題ない。一番懸念していたのは大きさとホームボタンがないこと。
 しかし! ホームボタンについてはすぐに意識が変わった。
 ホームボタンとは何だったのか。
 そう思えるくらいホームボタンがないことについては特に気にならなかった。ホームボタンとか要らんわマジで。執着する必要は皆無。
 それでもって大きさ。大きさはちょっと気になる。なんせiPhone 5Sから変えたからやたらでかく感じる。片手操作が難しい。両手でないと快適な操作はできないと言っても過言ではない。
 でも不満なのは大きさくらいかな。他は満足やなぁ。イヤホンジャックも2股の変換ケーブルがあるから問題ないし。画面も綺麗よ。
 ただ高いな。5年くらい変える気はないからええねんけど。

qlip_rock at 18:00|PermalinkComments(0) 小椋一親