menu06
スバルのレガシィB4でダイヤモンドキーパーのご依頼を頂きました。
IMGP7793
詳しくご覧になりたい方は写真をクリックするか下の「続きを読む」をクリックしてください。 
 
天井、ボンネット、トランクの鉄粉が非常に多く、塗装面も傷んでいた為、ポリッシャーによる下地処理を行う、ダイヤモンドキーパーをお勧めいたしました。
追加でフッ素ガラスコーティングの全面施工のご依頼を承りました。
Before
IMGP7744
自分はレガシィと言えばこの形ですかね~
歴代のレガシィの中でも洗練されてると思います。
IMGP7751
ルーフ部分ですが汚れが溜まり塗装もモヤッとしております。
IMGP7754
やわらかい物に当たった跡のようです。
この程度で塗装地が見えてなければ、下地処理の工程で除去できます。
IMGP7758
窓ガラスも汚れが蓄積しウロコ状態に
今回は窓ガラスのフッ素コーティングをご依頼いただいておりますので、下地施工時にスッキリ取って行きます。
IMGP7764
洗車時には気にしない場所ですが、汚れが溜まりがちなトランク部分です。
こちらもキレイにするとスッキリしますので、除去してまいります。
施工中写真(一部)
IMGP7766
まずは、高圧洗浄機+タップリの泡+ムートン手洗いでボディの上に乗ったホコリや軽めの汚れを除去します。
IMGP7769
この時点ではウォッシャーノズルの水染みなどは取れませんので、この後の専用ケミカルによる水垢取りで完全に除去していきます。
プラスで専用粘土を使用した鉄粉の除去も行います。
IMGP7772
洗車・水垢取り・鉄粉除去後のトランク
ボディに当たった光がボヤッとしてますね~
これをポリッシャーによる下地処理でテカッとさせていきます。
ポリッシャーで下地処理後にコーティング塗布作業とコーティング皮膜を守るレジン塗布作業を行い、作業完了です。
After
IMGP7779
ポリッシャー+コーティング後のトランク上部です。
上の写真と比べて光の映り込みがだいぶ異なります。
IMGP7783
トランク部分の汚れもキレイにスッキリ致しました。
IMGP7785
リアフェンダーの擦り後もポリッシャーによる軽研磨下地処理で完全に除去しスッキリでございます。
IMGP7788
ルーフ部分の施工後ですがこちらの映り込みも施工前とは異なりテカテカです。
IMGP7798
非常に頑固な汚れとなっていた、ウォッシャーノズルの水染みもこの様に専用ケミカルによる水垢落とし+軽研磨作業で完全に除去しました。
IMGP7802
フッ素ガラスコーティング施工時の窓ガラスの下地磨きにより、こんなにもスッキリ致しました。
今回はお客様のご要望で全ての窓ガラスに施工させていただきました。
IMGP7793
今回は当店をお選び頂き、ありがとうございました。
次回、メンテナンス施工でのご依頼をお待ちしております。