来年の1月29日発売予定のエロゲ『右手が止まらない俺と幼なじみの姉妹』のシステムがあまりにも親切すぎるようです。



『右手が止まらない俺と幼なじみの姉妹』では、二人のヒロインを中心にストーリーが展開し、それぞれヒロインの名前から「門倉心乃編」と「門倉雅編」が存在するようです。


門倉心乃

門倉雅

門倉心乃編のストーリーは、主人公がオナニーしているところを心乃に偶然目撃されるところから話が始まり、それがきっかけで主人公は“オナニーを見られることで興奮する”という性癖に目覚め、主人公の性癖のことを知ってしまった心乃は「大好きな主人公のためになることをしたい」という純粋で一途な想いから、オナニーに協力したいと申し出るそうです。それ以降、主人公がオナニーをするところを心乃が見るという不思議な関係が始まるとのこと。

確かにこれは不思議な関係という以外、例えようがないと思います。

門倉雅編のストーリーは、雅がオナニーをしているところを逆に主人公が目撃するところから話が始まり、「私だけ見られたんじゃ不公平だよね?主人公のも見せて貰おうかな?」と言われ、関係がスタートするとのこと。

それなんてエロゲ。いや、これエロゲか!

このストーリーを読むだけでも『右手が止まらない俺と幼なじみの姉妹』がいかにオナニーにこだわりを持っているかがわかると思いますが、このゲームの特筆すべき点はこのストーリーではなく、システムにあります。

なんと『右手が止まらない俺と幼なじみの姉妹』には「勃起までの時間」、「射精までの時間」、「オナニーの回数」といったどうでもいい個人情報を記録する機能が搭載されているのです。



また、「総オナニー時間」、「総射精回数」、「射精までの平均時間」まで徹底管理



極めつけはヒロインのセリフを好きなように編集できるセリフ編集モード!



このゲームのおかげで多くの人が賢者に!



なれるとは思えない……。

セリフ編集モードはいいと思うけど、さすがにねぇ。
「おすすめサイト」の最新記事