綴命の錬金術師が登場。






例の化物こと、スプーの生みの親として知られるはいだしょうこさんがTBS「お茶の水ハカセ」に出演し、そこで新イラストを披露したようです。




ナレーション「歌のお姉さん、はいだしょうこさんが再び登場!」



ナレーション「実は彼女には3つの弱点が!!」



ナレーション「料理が超苦手!!」





ナレーション「難解すぎるイラスト」



ナレーション「そして、自転車にも乗れない」



ナレーション「お茶の水大図鑑特別編、しょうこお姉さん弱点克服スペシャル!」



三村「絵からいく?」
木梨「じゃあ、慎吾ちゃんの映画座頭市やる?(香取慎吾がゲストのため)」
しょうこ「はい」



大竹「座頭市わかる?」
三村「イメージ」
しょうこ「はい…剣持ってる…」



木梨「今日いつもより丁寧に描いてるな」
三村「真剣ですね」
大竹「顔もちゃんと似させようとしてる」



三村「ちっちゃ!」



しょうこ「座頭市はやっぱり…苦労してるから…」
木梨「苦労を出したの?」
しょうこ「はい」

このあと違うイラストを描くことに。テーマはしょうこお姉さんのリクエストでなぜかトイレに決定。



木梨「ちっちぇ!」



しょうこ「猫さんとかキリンさんとか蟻さんが、ここのトイレはキレイで使いやすいと集まってきました」
大竹「物語みたい」
三村「あとは自分のブログで発表してもらって…」

会場笑い

絵があまりにも小さすぎると指摘され、次は大きく描くように言われるしょうこお姉さん。



ナレーション「出されたテーマは、ネコをとにかく大きく描くこと。果たしてどんなネコが描きあがるのか?」



順調に描いていくしょうこお姉さん。しかし、途中から不穏な空気が流れ始める。



三村「体ちっこくなったぞ。あ、体じゃないかもしれない?」



木梨「イヤ、体だわ!」

そしてついにイラストが完成!



完全に目が逝ってる。

なぜいつも目線が逝ってしまうのか。

人気記事ランキング

    全体18:59│