たけし△




北野武監督の映画『アウトレイジ』が今月12日から公開され、監督自身様々なメディアからインタビューを受けているようです。その中でもニフティが運営するサイト「デイリーポータルZ」のインタビュー内容がかなり面白いものとなっていました。


デイリーポータルZ 大物監督にコケる芸を習う
―ヤクザ映画ってカッコイイ!と思ってしまったんですが、同時に、あ、不謹慎かも、と思ってもしまうんです。今そんなヤクザ映画離れした世代にバイオレンスをぶつける不安はありましたか?


まあ「今度の暴力映画で社会に対する影響は?悪影響があると考えませんか?」って海外でもよく聞かれるんだけどね。

よく答えるのは「逆に言うと、愛と感動の映画が社会に対してどれだけいいことしたんだ」って。暴力映画よりも圧倒的に数が多いのに、相変わらずベトナム以来、アフガンもなにもイラクもなにも、あんなめちゃくちゃなことが起きてんのに、映画の影響がどこにあるんだよ、って。

だから暴力映画なんて屁みたいなもんだよ、って言ったらみんな納得してたみたいだけど。映画にそれほど期待してちゃいかんよ、って。


また、この記事に対し浅草キッドの水道橋博士もTwitterで以下のように述べていました。


水道橋博士


個人的にはこれだけでも面白い記事だと思ったんですが、デイリーポータルZさんは更にやってくれました。


デイリーポータルZ 大物監督にコケる芸を習う


デイリーポータルZ△

やっぱり北野監督はいろんな意味ですごい人なんだと思う。


関連 : 「観客楽しませる点、進化」 北野監督に聞く「アウトレイジ」
関連 : 極悪人が歌舞伎町に勢ぞろい!『アウトレイジ』初日舞台挨拶

人気記事ランキング

    その他17:12│