ワタミ渡邉美樹氏が講演会で話した美談がドン引きレベルの内容だった件(削除済み)
http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/52092683.html

当ブログが作成した上記の記事について、渡邉美樹氏より下記のツイートがありました。


誤った情報を拡散してしまったことについて、渡邉美樹氏に謝罪したいと思います。
大変申し訳ございませんでした。

問題の記事を作成するに至った経緯についてですが、

①2ちゃんねるに問題の文章が書き込まれる。(3月27日)
②当ブログではないまとめブログがそれを転載。
③そのまとめブログから一文のみを抜き出した第三者がTumblrで共有、拡散。
④当ブログがその第三者が拡散した情報を記事にする。(3月31日)

当ブログは③の情報の出所をよく確認せず記事にしてしまいました。渡邉氏のツイート後に確認したところ、2ちゃんねるでは問題の文章が渡邉氏を非難するためのコピペ化(定型文化)していたことを知り、そうとは知らず怒りにまかせて掲載してしまったことを深く反省しております。

記事は削除いたしましたが、これ以上誤った情報が拡散するのを防ぐため、情報の訂正を行いたいと思います。渡邉氏は「この内容は、全く事実ではありません」とおっしゃられていますが、問題の文章は渡邉氏が2010年に「PRESIDENT」が行ったインタビューで答えた発言を元にして作られており、事実と誤った情報が入り混じっております。そのため、両方の文章を比べることで情報の錯綜を防ぐお手伝いができればと思います。

下記が渡邉氏が受けた「PRESIDENT」のインタビューです。



なぜ「飛び降りろ」と叱咤できたのか -ワタミ会長 渡邉美樹

――しかし、その認識に至るまでには失敗も数多く経験した。もともと創業経営者は火の玉のような激しさを持っている。ある外食産業経営者は「創業のころは仲間や部下に鉄拳を見舞っていたよ」と述懐するが、渡邉氏にも次のような時期があったという。

2号店のアルバイトとして雇った部下がいましてね。あのころは僕、そいつの頭を何度もスリッパでひっぱたいていました。それでも十数年はついてきてくれましたが、8年ほど前に辞表を出したんです。追い込まれて、潰れたわけです。その後は海外で居酒屋をやっていたと聞きました。

ところが先月(7月)になって、その彼がうちに戻ってきたんです。辞めたときは部長でしたが、今度はヒラ社員として、グループで配送の仕事から始めてもらっています。いまは45~46歳でしょうか。もう一度挑戦したい、定年退職までここで働きたいというんですね。

一度は追い込んで潰してしまった男です。でも彼は、僕の言動の裏側に愛情を感じていたから戻ってきた。その意味で、僕の叱り方は間違っていなかったと思います。

http://president.jp/articles/-/3004?page=3

下記が当ブログが掲載した2ちゃんねるの書き込みです。

「ワタミがまだ、ちっぽけな居酒屋だった頃からウチで働いてくれてた創業メンバーのひとりが独立開業したいからワタミをやめると言って、辞めたんです。その頃にはワタミも大きくなっていて彼も何百人もの部下を抱える地位に付けてあげていたにもかかわらず辞めた。独立と言っても、驚いた事に彼はワタミのフランチャイズオーナーにならなかった。彼はワタミを辞めたあと、ワタミと競合する商売ガタキとして飲食店開業したんです。

こうなるともう、恩をアダで返した敵ですから、もちろん全力で潰しました。彼の店のすぐ近くにワタミを作って、その店だけ他のワタミよりもうんと安くした。そしたら彼の店、潰れましたよ。

その彼ですが、自分の店が潰れたあとワタミに戻ってきてくれたんですよ。うれしかったですねー。彼も一度ワタミを飛び出して、それでようやくワタミの素晴らしさがわかってくれたんです。彼は、なんでもやるからワタミでやり直ししたい!そう言ってくれたのでトラックの運転手として雇いました 彼は辞める前は部長の地位でしたが、今は一番下の新人運転手としてがんばってます」

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1395927781/12

両方を比べてみるとわかりますが、2ちゃんねるの方は明らかに話が盛られています。元部長が辞めた理由は独立開業するためではなく、また渡邉氏が元部長の店を潰したという事実もありません。

この2点は明らかに事実と異なるため、訂正してお詫びしたいと思います。
申し訳ございませんでした。
「おすすめサイト」の最新記事