今年度から、すべての新入生が授業用のタブレット型端末を購入した佐賀県の県立高校で、参考書などの電子教材をダウンロードできないトラブルが相次いでいることがわかった。

 県教委によると、トラブルは全36校のうち34校で発生。電子教材の情報量が多いためとみられ、端末を使った授業の開始は当初予定より1か月遅れ、早くても5月中旬頃になる見通しという。

 県教委によると、問題の電子教材は、主要5教科(国語、数学、英語、理科、社会)のほか、美術や家庭科の参考書や問題集など計52種類で、教科書会社11社が作成。生徒が授業中に教科書会社のサーバーからダウンロードしようとしたが、授業時間(50分)内に終了しない事態が続いている。県教委が調べたところ、名画などが多い美術、実験の動画が含まれる理科など、情報量が多い教材ほどトラブルも多いことが判明。生徒40人がダウンロードを完了するまでに8時間以上かかるケースもあるという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140502-00050111-yom-sci

この記事への反応
・流石は安定の佐賀クォリティー
・言わんこっちゃない
・一斉にアクセスするんだからサーバに負荷かかる事くらい素人でも分かるだろwww
・授業中に一斉にダウンロードするから当たり前だな
・先にダウンロードしとけよ
・え?!プリインストールもしてないの?
・なぜ、授業前に授業内にDLがおわりそうかどうかチェックしなかったのか不思議
・これ不具合じゃなかろう
・この見出しだとタブレットに不具合があるように読める
・責任者能無しすぎる


時代の変化に教育現場がついていけてないな。

人気記事ランキング

    事件00:23│