コスプレイヤー・うしじまいい肉氏、Twitterで茂木健一郎氏を「心根は腐ってる」と批判

2日、コスプレイヤーのうしじまいい肉氏が、Twitterで脳科学者の茂木健一郎氏について「心根は腐ってる」などと批判した。

うしじま氏は「茂木健一郎さんは、中森さんに連れられて行った文壇バーで、私の会話を完全に無視しながら中森さんと会話をして、話かけてきたと思ったら『唐十郎は知っているのか。知らないとは教養がない。君はもっと勉強したほうがいい』とか言い出した ちなみに文壇バーは女ポケモンを連れて行って自慢する場です」と、茂木氏とのエピソードをTwitterに投稿。

「文壇バー」は作家や編集者らが集まる場として活用されている飲食店のことを指すが、うしじま氏はこれについて「文壇バーみたいなの本当にきっもち悪いわ」と嫌悪感をあらわにした。

うしじま氏によれば「女ポケモン」とは「自分が手持ちで持ってる価値があるかも?みたいな女を、自分のテリトリーに連れていき、披露する行為」という意味合いだそう。

うしじま氏はさらに「そもそも茂木健一郎さんは中森さんの連れている女ポケモンに対して『唐十郎を知らないなんて教養がない。君はもっと勉強したほうがいい』とか説教を垂れるとか、脳トレで脳を鍛えても心根は腐ってるんだよな」と、茂木氏への厳しい言葉も投稿している。

「唐十郎さんの芥川賞受賞作品は1983年の佐川一政本だけど、佐川一政は知ってるけど唐十郎さんは知らんし しかも1999年以降小説書いてないし 今も大量に娯楽大衆小説出てるんだから何故30年以上前の受賞者を知らないくらいで教養がないとか初対面の赤の他人に言われるのか意味不明」と、コメントした。
http://news.livedoor.com/article/detail/9213950/









初対面の人にこんなこと言う人だったのか……。
「おすすめサイト」の最新記事