2016年11月25日

請負作業の見える化セミナーを開催して

 2016年11月2日に主題のセミナーを開催し、講師を担当いたしました。参加された皆様、ありがとうございました。

参加者のコメントやアンケート結果から、2つの問題点が見受けられました。

1.請負費用のコスト削減
 請負費用が言いなりの状況である(本当にその費用なのか?)
 請負作業の改善が進まない(どうアプローチしたらよいか?)

2.請負会社の管理
 工数単価から出来高単価への移行をしたい(どう計算したらよいか?)
 子会社と請負の体制が併存している(どう整合性を取ろうか?)
 請負作業の労災、トラブル、コンプライアンス(どう指導しようか?)

 いろいろと悩まれている様子がうかがえました。セミナーですので一般論になってしまいますから、質問の時間を多めにとって個別の問題にアドバイスしました。即席のコンサルティングですね。

 このセミナーの知識を基に知恵を出して、ぜひ請負作業改善を実行して欲しいと思います。

請負作業の見える化は多くの利害関係者を巻き込むプロジェクトになります。工場長や製造部長のマネジメントが重要になってきます。

自社でもある程度進むと思いますが、第3者である専門家が入ると円滑により短期間で改善が進む可能性があります。

弊社では請負費用の削減額の見積りや、コンプライアンス診断などできますので、ぜひ営業にお問い合わせください。

問い合わせ先 → info◆hinkai.com ◆は@

人気ブログランキングに参加しております。こちらから工場コスト削減コンサルタントのブログランキングの順位を確認できます(*^^*)。


qmc at 11:39│Comments(0)TrackBack(0)clip!省力化 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔