2018年03月14日

香港旅行の雑感

 年始に香港に行ってきました。ちょっと遅くなりましたが、感じたことを残しておきます。

初日は移動のみ。
2日目はマカオに世界遺産を見に行ってきました。少しカジノもやりました。
IMG_4860


3日目は香港市内観光、ビクトリアピークに夜景を見に行きました。夜景は雨で全く見れませんでした。残念です。

4日目は九龍の周辺散策をしました。後は日本へ移動です。
IMG_2447


私はあまり海外旅行はしていません。日頃、国内ですが出張ばかりなので休みの日は自宅でのんびりしたいのが本当のところです。社員旅行でなければ行かなかったと思います。

しかし、たまには海外に行って外国の文化を接するのも良いものですね。色々と刺激になりましたよ。特に香港の文化が興味深かったです。

 車は英国領のなごりで右ハンドルのため日本車が6割位の印象でした。近場の右ハンドルの国・・・ということで日本車のシェアが高いのだと思います。

タクシーは圧倒的にトヨタのクラウンでした。タクシー料金は日本に比べてとても安かったです。そして親切でした。いちどタクシーに乗ったのですがタクシーの運転手さんが行き先を間違えて、ノーチャージで近くにおろしてくれました。

 香港は観光客が多いです。日本全体で観光客が2800万人に対して香港の面積は東京の半分位にもかかわらず、4000万人の観光客が来るそうです。

ほとんどが中国本土からですが、それにしても4000万人分のお金が落ちてくるわけですから観光立国といってもいいですね。中国人観光客やカップルが高級宝飾店に並んでいるのを見て中国のバーゲニングパワーは強いなぁと感じました。行儀よく並んでいるのを見て、びっくりだという人もいましたw

 フィリピン系女性を多く見かけました。香港の人口は約750万人、そのうちフィリピン人が1割です。フィリピン人のほとんどが家政婦さんだそうです。香港は家賃や教育費が高く、夫婦共働きが普通です。そのため家政婦さんを家族として迎え入れて(部屋住み)、家事を任せるそうです。

日本も外国人家政婦さんに在留許可を与えないと高度な専門家が来てくれないという記事を読んだことがありますが、香港旅行で「あっそういうことなんだな」って理解できました。

 また、教育熱心な国柄で、香港の大学はアジアの大学ランキングで5位と6位。ちなみに日本の東京大学は7位だからと、ちょっと自慢されてしまいました。たかだか750万人の人口に比べて1億人以上いる日本の大学に勝っていると言いたかったんでしょうね。

香港の大学はかなり優秀でないと入れません。落ちた子たちは海外に留学します(海外留学=香港の大学は不合格→海外留学は普通)。というのも1997年に香港はイギリスから中国へ返還されましたが、小学校から英語コースと中国語コースに分かれるそうです。

ただ香港は広東語ですが、中国企業へ就職を見据えて北京語を学んでおき、中国の企業に就職する人が多くなっているようです。

ダブルワークで働く香港人、教育熱心な国柄、日本も頑張らないとですね。

人気ブログランキングに参加しております。こちらから工場コスト削減コンサルタントのブログランキングの順位を確認できます(*^^*)。

qmc at 13:43│Comments(0)clip!雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔