2018年06月06日

宙に舞う

 都内から特急電車に乗って2時間、駅を降りるとコンビニ、喫茶店、旅館の3つしか商店が見当たりません。こんな寂れた町にしばらく通うのかと最初は思いました。

何だかんだと、結局3年も通ってしまい、我が町のようになりました。仕事が終わるとコンビニに寄って、旅館に戻るというパターンでした。その後は部屋で仕事。

この工場では、省エネルギーを指導しました。エネルギー多消費型のプラントですと省エネルギーが重要なコスト削減テーマになります。自社だけでやりきれないことを、手法、視点を教えて実践してもらいました。

 先月、無事に目標を超過達成し、3年間の指導を終えました。感無量です。その報告会の後、謝恩会を開いてくれました。

メンバー1人1人から感謝の言葉と次なる決意を聞き、このプロジェクトで1回りも2回りも成長したなぁと感心しました。

最後に製造部長が「羽根田先生を胴上げしよう!」なんて言い出したのです。最初は酔っぱらった冗談かと流していましたが、帰り間際に本当に胴上げしてくれました。

まるでプロ野球の日本シリーズで優勝したかのような、そんな気持ちになりましたw

怖かったですが、胴上げされるのはとても嬉しかったです。メンバーの気持ちがこの胴上げに集約されたのと信じます。ありがとう。

良かったらクリックしてください。人気投票です。こちらから工場コスト削減コンサルタント

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔