2018年10月10日

コスト削減とマーケティングの類似性

 日経の記事が興味深かったのでシェアします。 

ヒットのクスリ インスタ映え、女子会… 「新しい記号」 需要つくる(2018/6/15 日本経済新聞

ここから。要約です。

モノだけでなく、一緒に言葉を売れというマーケティングの金言がある。売れるためにはキーワードが伴う(社会記号)。

インスタ映え、女子会、コスパ、加齢臭、おひとりさま、婚活など。

「中高年のおじさんは何か臭う」と思っていた個々の現象が世間に認知されると「自分は加齢臭?」と急に気になる。対象商品が登場し、大きな市場に変身する。

おひとりさまも認知されれば女性一人でも周囲を気にせず、外食や旅行ができる。

ひそかに活動していた結婚の相手探しが「婚活」として認知されたとたん成長市場になる。

というように「言葉にできずにいる欲望を言語化することはマーケティングの武器になる

ここまで。

 売り上げを上げるマーケティング、費用を下げるコスト削減。まったく逆の活動なのに、同じようなアプローチをとることを発見したのが嬉しかったです。

コスト削減も言葉にできずにいる損失を言語化することは改善の第一歩です。何となく、あれムダだなと思う損失に名前をつけて認識します。

名前の付け方は読めば「あ!あの損失だな」と工場関係者なら推定できるようなつけ方が良いです。

さらにその損失を改善する手段を考えて改善テーマとします。

 ちなみに損失をどう見つけるか? マーケティングでは市場調査が第一だそうです。工場のコスト削減も同じで現場の実態調査です。

どう調査するか? これは知恵の出しどころ。コンサルタントは現場の実態調査に有効なツールを持っています。

良かったらクリックしてください。人気投票です。こちらから → 工場コスト削減コンサルタント


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔