伊方原発

愛媛県にある四国電力伊方原発が年内再稼働を目指している、というニュースに軽いめまいを感じました。原子力規制委員会が「新規制基準を満たしている」と結論づけたからです。
この原発ではプルトニュウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使うプルサーマル発電だという。科学者の間でも「これは灯油ストーブでガソリンを燃やすようなものだ」と評されています。さらに万一の場合の住民の避難計画は決まってないそうです。万一、瀬戸内海が「死の海」と化した場合の責任は誰が負うのでしょうか。

福島原発の廃炉作業が終了してから再稼働か否かを決めても遅くはないのに・・・。

いつも応援クリックありがとうございます。