こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

おととい、雨上がり後に出かけた時の服装です。
梅雨時とは思えないほど眩しい日差し!
やっと自然光の下でパナマハットを撮れました〜。

_DSC3919
_DSC3923
カーディガン:MACPHEE、スカート:BLACK BY MOUSSY、サンダル:BALENCIAGA、パナマハット:Bronte、ブレスレット:CELINE

ブラウン系、グリーン系、グレージュ。乾いた配色が今の気分です。
季節が進んで、視界が白く飛ぶほど眩しい真夏になったら、再び黒や強い色に心惹かれるかも?
短時間の外出の時こそ、ここぞと言わんばかりにクラッチバッグを投入しています(笑)。

日が空いてしまいましたが、一週間前の服装です。
モノトーンを着たくなって合わせてみたらZARA祭!

IMG_0638
シャツ、イージーパンツ、パンプス:ZARA、ブレスレット、バッグ:CELINE

玄関マットのズレはご容赦ください(笑)。
久しぶりにこのパンプスを履いたら3時間で靴ずれまみれ。
痛みで顔が歪みそうになりながら何とか家にたどり着きました……うぅ。

いま手元に残っているパンプスはZARAのネイビーパンプスとこの2足のみ。
そのどちらも靴ずれ発生装置と化していて、パンプスは全滅状態です。
パンプスの造形美や履いた時のシャープさは大好きなのに(涙)。

私の足は開張足かつ、鋳型にはめるといくらでも変形しそうな柔らかさがあり、
数時間で起きる体積変化(靴を履いて歩くと履き始めより小さくなる)、
ひと月の中で起きるむくみの増減、夏と冬の体積変化など、とにかく一定ではありません。
さらに、擦れに著しく弱い皮膚と来たものです。

こんな足ですから、パンプスに関しては正直なところ、
幅狭向けブランドやフルオーダーでも難しい気がしています。
そしてパンプスは靴の中でも嗜好性の高いジャンル。
私の場合、仮に足が痛くなくても、好みでないと履く気にはなれなくて……。

最近試してみたいと思うのは、アッパーが柔らかい素材のパンプス。
硬い芯でヤワな足をしっかりと支える機能はなく、長期的には足に良くないかもしれません。
ただ、硬い芯の入ったパンプスは、大きさが刻々と変化する私の足に対応できず、
しょっちゅう皮膚をズタズタにしている現実があります。
それなら、柔らかいアッパーの方が皮膚を傷付けず痛くないだけマシかな、と。
皮算用に終わるかもしれませんが、今後も足掻けるうちは足掻くつもりです(苦笑)。

これからの季節に必ず重宝するアイテムを手に入れました。
機能よし、見た目よし、価格よしの3拍子揃ったペットボトルカバーです。

_DSC3835

私は普段の荷物がかなり少ない方ですが、そうも行かないのが夏。
ハンドタオルや汗ふきシート、外したサングラス、ペットボトルなど、
短時間の外出でない限り、夏ならではの荷物が増えてしまいます。

今季買ったバッグは夏の荷物問題を解決する、大容量&出し入れ簡単なタイプ。
これでひと安心……いや、一点だけ問題が。
バッグの内側にはスプリットレザー(スエードのように起毛したレザー)が使われています。
冷えたペットボトルをバッグにそのまま入れると、
結露の水滴が起毛レザーに染み込んでバッグの風合いを損ねるかも!?

対策1:レジ袋に入れる
→袋の外側にも水滴が付いたら意味がない。見た目がイマイチ。

対策2:タオルで包む
→起毛レザーとの摩擦で毛足が剥がれ、タオルのパイルにこびり付いてしまう。
ハンドタオルでは覆いきれずフェイスタオルでは嵩張りすぎる。

対策3:ペットボトルカバーに入れる
→やっぱこれか。

というわけで(笑)ペットボトルカバーを探すことに。
内側の水滴を漏らさない防水性、外側に水滴が付かない断熱性、摩擦が起きないツルツル素材。
それでいてシンプルかつバッグに合うデザインだったら尚嬉しい。
Amazonの検索結果をひたすら眺めていたら、ついに条件をクリアするカバーが見つかりました!
続きを読む

今季、空席だった夏の帽子が見つかりました!

これまで3年愛用してきたEcua-Andinoのパナマハットとお別れしたのは昨年秋のこと。
パナマハットで最も弱いツマミ(中折れ帽の山頂部分)が割れてしまって……。

同じ帽子を買い替えるか、別の帽子を探すか。
Ecuaのパナマハットは気に入っていたけれど、白地に黒リボンのコントラスト配色。
今季メインで楽しみたいアースカラーのグラデーションにはちょっと強いかも?
1個目はアースカラーになじむ、白×黒以外を選びたい。

そんなこんなで春から帽子探しを始めたのに、気づけば6月。
今年は梅雨入り後も晴天が多くて気が焦る中、
映画の待ち時間にふらり立ち寄ったお店でついに出会いました。

_DSC3833


続きを読む

会期終了が迫るこちらの展覧会。
何とか時間を作って観に行くことができました!
オートクチュール展を逃した教訓が活きた格好です。

4/23より「旅するルイ・ヴィトン」展開催|ルイ・ヴィトン(6月19日(日)まで)

IMG_0598
赤坂見附駅から歩くこと5分。見えてきたのは鮮やかな佇まい。
ブルーの建物を通り抜けた先、左の白い屋根の建物がルイ・ヴィトン展の本会場です。
てっきりブルーの建物が会場で小さな展覧会だと思っていましたが、勘違いもいいとこ(笑)。
手前のレトロポップなルイ・ヴィトンの配送車が旅気分を盛り上げます。
晴れた日は青空と建物が響き合って美しいだろうなぁ……。

予約なし&平日(水曜日)の午後で待ち時間は2分ほど。
会場内はお互いぶつからずに行き来できるゆとりあり。入場制限のおかげでしょう。
この外観からは想像もつかない規模とボリューム、じっくり観て回って充実の1時間半でした。
会期も残すところ1週間。都合のつく方はできる限り平日をおすすめします。

展覧会はルイ・ヴィトンの誕生から現代に至るまでのアーカイブ作品を、旅をテーマに構成。
大きな船の帆、プロペラ機、広大な砂漠、豪華列車、シャンデリア。
トランクやバッグが当時使われていたシーンをダイナミックに再現したセットは圧巻。
一瞬、屋内にいるのを忘れそうになるほど。もはやアトラクションです。
(普通の展覧会では考えられない破格の算を投じたことでしょう)
おかげで日ごろルイ・ヴィトンに興味が無い私でも心から楽しめました。
行くのを迷っている方には「観て損はない」と強くお勧めします!

会場は全面撮影可能。皆さま、思い思いにシャッターを切っておられます。
私も張り切って撮ろうか……いや、ほとんど撮りませんでした。
あまりの迫力にテンションが上がって肉眼で観ることに集中したくて、
ええい! いちいちスマホかざしてなんかいられない、と(笑)。
かろうじて撮った数枚を並べてみます。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ