こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

2010年09月

航空祭で大人げなく貯めたスタンプラリー。景品をもらいに行く途中、
前を歩いている親子連れが何やら騒がしい。
お父さん(にしては高齢なのでおじいちゃんかな?)に
抱っこされた1歳くらいの赤ちゃんが大きな声で泣いていた。

赤ちゃんはちょうど私の方、つまり後ろ向きに抱っこされていて
顔を真っ赤にして全力で泣いているのがよくわかる。
どんな理由で泣いているのか分からなかったけど、
オムツが不快だとかそういった類ではないように見えた。

そこであることを思い出し、赤ちゃんに思いきり笑ってみせた。
最初は泣き続けていた赤ちゃんが私の顔に気付いてキョトン。
笑顔のまま手を振ってみせたらニコニコ笑い返してくれた。
さっきまでの泣き虫はどこかに飛んでいったらしい。

「お姉ちゃんにバイバイしてね」 
私の隣を歩いていた女性は母親だったようだ。
なんだかいい気分。

思い出したのは赤ちゃんのミラー効果。
こんなにも分かりやすく、効果絶大だなんて。
笑顔にはどんな言葉をも飛び越えるパワーがあると改めて思った。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

以前買った和久傳のつゆ生姜
コーヒーに入れたりお湯で割ったりして色々楽しんでます。
今日はふと出来心でフレンチトーストにかけてみました。

R0011871
見た目はメープルシロップのよう。

味は、これがまた合う!
さわやかな甘さ+生姜のピリっとした後味が
あっさりとしたフレンチトーストに仕上げてる。

よく考えたら市販でジンジャーラスクなんてものもあるし、
つゆ生姜はパンとも合うのね。

今宵は中秋の名月。
仕事帰りに空を見上げたら、雲間からお月様が。
(アマタツは夜から雨だって言ってたけどハズレじゃん~)
と思ったのもつかの間、家に着いてものの数分も経たないうちに
土砂降りの雨。傘を持たずに帰ったから助かった!

R0011869
これは昨日のお月様。
昨日が中秋の名月かと思ってコンデジで頑張って撮ったら
後でマイナス1歳の十四夜だったことに気づく。
これにもちゃんと名前があって、待宵月(まちよいづき)というらしい。
十五夜を待ち焦がれる想いが込められたのだそうで。
まるでラブレターのようなネーミングの美しい日本語、大好き。

待宵月の昨晩、久しぶりに拝見した九折さんのブログ「いい女で行こう!」
胸を貫かれるような、天の啓示かというような記事に出会った。
身につくまで自分に言い聞かせたくて、全文を手帳に書き写した。
ここにも一部転載させていただきます。

甘えられない女はピンチ

甘えられない原因はいくつかある。
ひとつには、男性を「立てる」ということができないタイプ。
 下手(したて)に出られないから、甘えられないタイプだ。
このタイプはそもそも、女性らしく、ということができない。

「甘える」は女性の「口説く」。

「口説く」ができない男性の裏側に、甘えられない女性がいる。


これ、そのまま私だ。見てきたかのように私のことだ。
頭を思い切りハンマーで叩き割られて、中身を交換した気分。
甘えるのは女であることの務め。
なんだ、そういうことだったんだ。それでいいんだ。

甘える=人に頼る=みっともない、情けない、無能
という家庭で育ち、ずっと信じてきた。
もちろん自分の力で何とかすべきシーンもたくさんある。
だけど、もっと甘えて良かったんだ。女の務めとして。

何かの本で読んだな、ネコは気まぐれで表現がストレートだから可愛いのだと。
さっきまでプイっとそっぽを向いていたのに、
急に寄ってきたかと思うとお腹を出して思い切り甘えてくる。
甘えて来られたらまんざらでもないし、むしろ嬉しい。
ネコはふところに入る術を知ってる。

九折さんのブログのなかでも、この「視点変えてこ」カテゴリーは
本当に身につまされることばかり。何度も読み返そう。
待宵月が引き合わせてくれたのだろうか、
今宵はとても大切なことを教えてもらったような気がした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

R0011794

折りたたみ傘を長傘代わりに使ってる人、いるみたいですね。
私もその一人です。

雨の日、建物に入るときや電車に乗るときは
折りたたんでカバーをかぶせるだけで邪魔にならず
人を濡らしてしまうこともない。
帰りに雨が止めば小さくしたままですむ、といいことずくめ。

そのおかげか、折りたたみ傘の寿命が早い早い。
ここ1~2年愛用していたのはユニクロの傘。安くて軽くて優秀(たしか790円くらい)。
しかし酷使がたたったのか、先日とうとう壊れてしまいました。
またユニクロで買うという選択肢もあったのですが、
雨の日を明るい気分で過ごせる傘にしよう!と思い立ち。
(ちょっとでも女度を上げたいという無駄な努力)

マリメッコにしては安くなっていた折りたたみ傘にシフトしました。
なんでも、ボタンを押すと勝手に開いてくれる傘だそうです。
そのギミックのせいか、たたんだ状態が太い。

R0011795

ペットボトルカバーじゃないよ、折りたたみ傘だよ!
太くて重めですが、開いた感じはやはりマリメッコ。
ハッとするようなあざやかな柄がすがすがしい。

R0011796

ところどころに咲いたピンクの花がかわいい。
これから台風シーズンだけど、できるだけ長持ちさせてあげられるよう丁寧に扱おう。
それも含めてオンナ道だと思ってw

★Marimekko(マリメッコ)折りたたみ傘(ミニオート)ルースプー柄(ブラック)
★Marimekko(マリメッコ)折りたたみ傘(ミニオート)ルースプー柄(ブラック)

ここで買いました。レビューを書くと送料無料になりますが、
この上代でそこまでしていいの!?と勝手に心配w

先週買って、良かったので買い足した無印良品のフットカバー

R0011809

フットカバーは、世に出始めたころ無印で一度買ったことがあります。
しかし履いて2,3歩歩くと脱げるというトンデモ商品でした。
それからというもの、フットカバー=すぐ脱げるのイメージが強すぎて
パンプスのときは素足か薄手ナイロンの靴下に。

ただ最近は薄手ナイロンの靴下が全く見当たらず、どのお店もフットカバーばかり。
もしかして改良されたのかな…?と思って「無印のフットカバー」で検索。
どうやら現行品は脱げないらしい。
複数の書き込みを頼りに試しに買ってみることに。
3足980円だし、1足履いてみて脱げるようなら未開封分を返品すればいいし。
(無印には独自の返品制度があります)

というわけで買ってみたところ、本当に脱げなくなっていました。
パンプスでもレペットのバレエシューズでも、全く脱げない。
かかとの内側に滑り止めのドットがついたことが大きいのかな?
初代は真っ先にかかとが脱げていたから、対策してくれたんだ。
足も窮屈な感じじゃないし、脱いだ跡もあまりつかない。
足底にクッションまでついて気持ちいい。
なにこれ最高!と、評価が180度変わりましたとさ。

ちなみに分厚い生地は野暮ったい感じがして好みではないので
足なりフットカバーの方は試してません。

職場は土禁なので、今まで素足でパンプスを履いて出社した日は
室内履きに素足で履き替えるのはどうかと思い、靴下持参していました。
これからはタイツの季節まで当分これで行きます。

このページのトップヘ