こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

2013年01月

過去記事のコメントでご紹介いただいてから、ずっと読みたかった本、
「着るということ」をお正月からの課題図書にしていました。

IMG_1724

服飾デザイナーである水野正夫さんの著書。
これまで水野さんのことは存じ上げませんでしたが、
戦後の日本を代表するオートクチュールデザイナーの一人だそうです。
水野さんは1955年から3年間、アメリカやヨーロッパ各地を遊学。
本場の洋服文化に触れ、彼が気づいた「装いの真髄」を、
すぐれた観察眼を通して、簡潔に、理論立てて書かれています。

初版は鎌倉書房から出たもので、発行は1993年6月。
今回手にしたのは藍書房から発行された復刊版です。
実に20年の時を経て私の手元にやって来ました!
今読んでも色あせることのない、普遍的な内容に満ちていて、
20歳の時に読んでおきたかったと思えるぐらいの本でした。

小手先のテクニック本も楽しいですが、私にはやはり、
物事の本質を理論立てて書かれた本の方が為になるようです。
(基礎がなっていないからだと思います。基礎なくして応用なし)
文章だけの本ですが、ビジュアルがない分想像の余地があり、かえって良いです。


IMG_1725

ぐっと来た一節。

着こなしとは、着こなすことである。
いい服を持つことは自慢にならないが
いい着こなしは自慢していい。 
いい服を持っているだけの人を、人はコレクターと呼ぶ。


見かけをおしゃれに装うだけなら、スタイリストさんを雇えば可能です。
でも、“装いのセンス”はどこにも売っていません。
どう見られたいのか、どういうメッセージを発したいのか。
自分で考えて試して磨いたセンスは、その人だけの宝物だと思います。

今まで、服育を全く受けずに育った私には、
他の人が当たり前のように理解している“基礎”すらありません。
本来、十年、二十年かけて身につける事ですから、
このような本を読んだからといって一気に上達とは参りませんが、
(それが可能ならプロのスタイリストさんは廃業です)
じっくりと時間をかけて感覚を磨くためのテキストになりそうです。

以下、心に刺さった部分。

洋服を着る上で最も大切なのは下半身。洋服は下半身で着るもの。
パンツは動いた時にヒップを感じさせるフィット感を。
洋服は裸の時よりも身体を美しく見せるもの。
見せたくないところは服のフォルムでやり過ごし、見せたいところはきちんと身体に沿わせる。
身体の線を感じさせる着方が一番美しい。

“洋服の要”は下半身にあり。私はそんなことさえ知りませんでした。
ボトムス選びのポイントが服飾デザイナーの観点で書かれています。
この章を読めば読むほど、膨大な既製服の中から、
自分に合った奇跡の一着を探すことの難しさも教えてくれました。

流行というものの比率は、どんなに多くても30パーセント。
それ以上は不経済である。ただし、流行をゼロにはしないこと。
70パーセントの服は、シンプルかつ、
色は5色(黒、濃青、茶、グレー、ベージュ)で無地に限る。
この5色は印象が薄く飽きないし、他の色とも合わせやすい、幸せの5色である。 
 
流行は熱心に追う方ではありませんが、私の場合、
“流行”を“目を引く物”と置き換えることができそうです。
鮮やかな色柄や変わった形など、パッと見の印象で心踊るものに惹かれやすく、
ワードローブもそれらの占める割合が高くなりがち。
目を引く物は“引き立て役”があってこそ。胸に刻みました。


この本の効用は他にも。これまで漫然と見ていただけだった、
雑誌のスタイリングやストリートスナップの見方が変わりました。
着る人と服の相性、色使い、着くずし方、風景とのなじみ具合。
カタログ代わりに見ていた20代の頃に比べれば、かなりの進歩です(笑)。
亀の歩みですが、少しずつ前進できればと思っています。


着るということ着るということ
著者:水野 正夫
販売元:藍書房
(1996-09)
販売元:Amazon.co.jp

子猫が膝の上に乗ってきたので、iPhoneカメラで頑張ってみました。
10枚撮って1枚まともに写れば良い方。動物写真は動くから難しい!

IMG_1957

あれ?口元に何かキラリと光る物が。

IMG_1960

よだれでした(笑)。


子猫は満5ヶ月を迎え、顔つきも大人の猫になってきました。
しかし体重が頭打ちに。2kgを越えてからほとんど増えません。
餌を食べる量も増えるどころか減っているし、
おまけに明け方にはニャオニャオと鳴きわめくように。
これはもしや……発情期!?

ちょっと早いのでは?とも思いましたが、検索してみると、
短毛種のメスほど性成熟が早いとありました。
もう子猫の時期は卒業しつつあるのね。
動物病院で診てもらうと、避妊手術が可能との判断。
餌も高栄養の子猫用ロイヤルカナン中心に切り替えました。

そして近々避妊手術を行うことに。
人間の都合で健康な猫の身体にメスを入れて、
生物として最も大切な本能を奪うことに抵抗を覚えますが、
ペットとして暮らす以上、仕方のない選択です。ごめんねぶーさん。
(私が資産家で子孫まで全て面倒を見られれば話は別ですが……)

もう子猫ではないので名前を掲載します。
ぶうこと言います(笑)。ぶーちゃん、ぶーさん、ぶー様と呼んでいます。

話は変わって。猫の「ごめん寝」が大好きです。
詫びている訳ではないのにそう見える面白さ。
でも、ぶーさんは「ごめん寝」をしてくれません。
未遂までは行くのですが、頭の垂れ具合はあと一歩。

▼こんな感じで寝てくれないかなぁ……。



▼「ごめん寝」ではありませんが、
Yahoo映像トピックスで観て気に入った出オチ動画です。
ずんぐりした感じがたまりません♡
ロシアンブルー?コラット?シャルトリュー?
笑いを堪えながら撮影する気持ち、よくわかります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

ZARAのペンシルスカート、再チャレンジしました。
スカートのシワは先に白状します!
帰宅後、写真を後で撮ろうと思ってこの服装のまま、
椅子の上で「体育座り」をしていたら、
シワだらけになってしまいました(爆)。
はしたない座り方だったことを反省……。アイロン掛けよう。

IMG_2017IMG_2020
ジャケット:URBAN RESERCH
ストール:ユニクロ
カットソー:Drawer
スカート:ZARA
タイツ:Pierre Mantoux (Cotton70 blu navy)
パンプス:Piche Abahouse
バッグ:無印良品

ネイビーのカットソー&タイツに、
チャコールグレーのジャケット、黒のパンプスで。
昼間の外出なのでジャケットの中にファーベストを仕込んで防寒。

前回、スカートの丈について沢山のアドバイスを頂きました。
(本当にありがとうございました!) 
裾を折り返して丈を変え、見え方がどう変わるか実験しました。

IMG_2021
分かりづらくてすみません。タイツを履いて撮ったのは失敗だった〜!
左は膝が半分隠れる丈、右は膝の皿が全て見える丈です。
左の方が短×長の差がついて良いような気がします。
右ぐらい丈を短くすると、フェイクポケットとの比率が悪くなりそう。

スカートの裾上げなら近所のリフォーム店で依頼できる範囲。
もう少し他の服との相性や見え方の違いを試してから、
丈をどうするか決めようと思います。

前回、コットンパールの一粒ネックレスを力技で作りましたが、
そのとき予告していたイヤリングをようやく作りました。

IMG_1981

金具は、イヤリングの締め付けにトラウマがある私でも着けられそうな、
耳が痛くならないタイプのイヤリング金具です。
購入先はRachel(レイチェル)アクセサリーショップさん。
イヤリングユーザーに理解あるデザイナーさんのお店です。

サイト内の「イヤリング金具大研究レポート」を拝見して▼こちらに決定。
(silver925直結)痛くない*落ちにくいイヤリング金具(シリコン付)ペア売り

IMG_1947

シルバー925×ゴールドめっきで1,800円でした。
真鍮×ゴールドめっきで400円のものもありますが、
金具が華奢で目立ちにくいシルバー925製にしました。
そしてコットンパールは12mmの片穴タイプを使用。

IMG_1948

コットンパールの穴が金具の芯よりかなり大きく、
そのまま接着しても隙間が空きすぎてポロっと取れてしまいました。
そこで、金具の芯に糸をグルグルと巻き付け、
糸に接着剤を含ませた状態で再接着。見事成功しました!
こんな方法で良いのか分かりませんが、とにかく付きました(笑)。
相変わらずの力技……。

早速着けてみたの図。
耳自体が小さく、耳たぶも狭くて薄いためでしょうか。
鏡を見ながら着けているのに変な位置に着いてしまって大苦戦!
※注:指でそっと挟むだけの簡単装着です。

IMG_1988

一旦着けてしまえば、着けていることを忘れるほど優しい着け心地。
例えるなら“指でそっと耳たぶに触れている”ような感覚です。
試しに2時間着けましたが頭痛は一切ありませんでした♡
一日着けても大丈夫だといいな。

齢32にしてついに(笑)、耳のおしゃれスタートです。

一昨日は丈とシルエットの見え方を研究しました。
ひと月の中で一番むくんでいる時期なので、ワンサイズ以上アップ中。
ただでさえムッチリ下半身が酷い事になっていますが、
手持ちのスキニーパンツは写真の白の他、ネイビーの2本のみ。
必然的に白で実験となりました。

IMG_1941IMG_1938
オーバーサイズニット+スキニーパンツ+ロングブーツを基本に、
左はロングパールネックレス、右はベルトでブラウジング。
右の方が逆三角形シルエットになってベターかな~。

しかし困った事に、肝心のブーツはやはり小さかった。
薬指&小指を伸ばすスペースがなく、縮こまっているのがわかります。
足をかかと側に寄せても指が十分に伸ばせません。
ワンサイズ小さい物を買ってしまったようです。やっちまったなー!(cクールポコ)

一昨年の夏に予約購入したSARTOREのブーツ。
予約時に店に置かれていたサンプルはマイサイズではなく、
別型を試着してサイズ感を確かめただけでした。
ブーツは以前ゆるい物を履いて足がとても疲れた経験から、
多少きつい位が良いと思って選んだサイズ。
足指が縮こまっていたことに、当時はまだ気づいていませんでした。
それが分かるようになっただけでも一歩前進とするかな。トホホ。

このページのトップヘ