こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

2013年08月

ZARAの秋冬シーズンがスタートして、はや半月近くが経ちました。
WEBに続々とアップされる今季のLOOKは気になるものだらけの豊作揃い!

1308004000_1_1_1_web-2
ZARA WOMAN LOOKBOOKより)

ここ数年、加速してきたカジュアル化の流れに揺り戻しが来たのでしょうか。
去年までの土っぽさは風に洗われてしまったかのような、清く軽やかなシルエット。
うまく表現できませんが、新しいトレンドへと移行し始めた気がします。
“ど”が付くカジュアルは全く似合わない私にとって、これはかなり嬉しい兆し。

ZARAはWEB通販と実店舗で入荷タイミングが異なるようで、
WEBでチェックした商品の実店舗入荷を待っていると、
いつの間にか完売していることが多々あるのがネック。
ということで、おとといは気になる商品をいくつか見てきました。

以下、スクラップ代わりのメモ書き記事です。

続きを読む

久々の服装写真です。
写真を撮れずじまいの日が多く、間が空いてしまいました。
美容院DAYにつき、汚れが目立ちにくく洗える服に。

DSC_0003
カーディガン(ネイビー):ユニクロ
スカート(カーキベージュ):MUJI Labo
サンダル:Jack Rogers
バッグ(オリーブ×焦茶):MY SUELLY
ネックレス(クリア):Spick and Span


★変わったこと その1:美容院にようやく行けた!

仕事の空きや体調、美容院のお盆休み等々でタイミングが合わず、
伸び放題&傷み放題だった髪をやっとリセットしました。

度重なるパーマとカラーで毛先はパサパサにチリつき、
カラーは2週間ぐらいで色がほとんど抜けてしまった私の髪。
全く海に行っていないのにサーファー状態でした(笑)。

パーマとカラー両方に手を出すのは欲張りだったと反省。
今後はパーマを優先したいので(地毛はド直毛)、カラーはリタッチではなく、
抜けた部分に色素を入れるだけにして髪の負担を減らすことに。
退色しやすいことを考慮してかなり黒めです。夏休み明けの高校生みたい。
カットは毛先のチリつき部分に留め、秋冬に向け、ちょっと伸ばそうと思います。


★変わったこと その2:デジカメを買った!
 
以前から接触が悪く、半年前にほぼ動かなくなったコンデジ、RICOH CX1ちゃん。
結局、息を吹き返すことはありませんでした……。合掌。
ということで、NIKON 1 J2をゲット! 私には型落ち品でも十分すぎます。
暗い玄関での姿見撮影や、暗い室内での猫撮影の質を向上すべく、
小型でレンズ交換ができるミラーレス一眼にしました。
近々明るい単焦点レンズも買って、玄関撮りでもマシな写りを目指します(笑)。

ひきつづきMarisolネタです。
本誌内容とは違う観点で、気になったことがあって。

IMG_3681
7月号(左)と8月号(右)の表紙のブレンダさん。
この2冊を並べると、顔色も表情も対照的すぎで驚きました。

IMG_3682
7月号は表情が堅く、顔色も悪そう。
ブレンダさんのことを詳しくは存じませんが、
彼女の良さが感じられないと言いますか……。
寒色系が似合わないのかな。

IMG_3683
7月号に比べると、8月号は健康的で生き生きとした感じを受けました。
なんだろう? 色と髪型?? こちらのほうが断然素敵に見えます。

ブレンダさんは、スタイリングやヘアメイク、写真の撮り方で、
全く別の方に見えることが多々あります。
おしゃれ素人の分際で語るには大変おこがましい話ですが、
しっとりとした素敵な大人女性♡に見える時と、オバさん!?に見える時との落差が……。
似合うものの幅が狭い方なのかしら。

例えば8月号。
私の好みが多分に入っているだけかもしれませんが、
P23、P24は素敵! P21、P22はあれ?という具合に。

本誌モデルでは田沢美亜さんが真逆のタイプだと思っています。
人の顔を覚える・認識することが大の苦手な私でも、
何を着てもどんな髪型でも美亜さんだとすぐにわかりますし、
大きく違和感を覚える写真を見た記憶がありません。

ブレンダさんのおかげで(失礼な!)、
人の印象を大きく左右してしまう、
“似合う”の緻密なバランスの妙に気づかされました。

私も似合うものの幅が狭い方だと思います。
以前に比べ、なりたいイメージがコロコロ変わることは減り、
クローゼット容量も小さくなった今、
似合うものの幅が狭いのはむしろ好都合。

今の私には、“広く浅く”より、“深く狭く”ぐらいがちょうど良い。
ただ、頑ななままでは時代の化石になってしまうので、
新しいものを取り入れる余地は残しながら。
そんなおしゃれの楽しみ方を追求していきたいです。 


P.S.(ただのぼやき)
雑誌の公式WEBサイトを色々見ていたら、
悲しいミス?に出会ってしまいました。


paris
Amazon.co.jpより

SPURともあろう雑誌が、フランス国旗の色を左右逆にするなんて(悲)。
“日本で最も売れているモード誌”の自負は一体どこへ……。
公式サイトによれば、パリへ行く人はこの小冊子が必携!とのこと。
大昔のフランス国旗の色の順? それともこちらは裏表紙?
両A面仕様だと思いたいです。

コメントでご質問をいただいておりました、
最近読んだおしゃれ関係の本や雑誌について。

本は数冊読みましたが記事アップがまだです……。
そして、雑誌は相変わらずMarisolを不定期で読んでいます。
30代〜40代向けのファッション誌は多数ありますが、
私が雑誌に求める条件は大体この4つ。

・笑えない冗談のような、読むのが恥ずかしくなる文章や文体でない
・高級ブランドの格に頼りきったスタイリングが少ない
・雑誌連動通販が幅を利かせすぎていない
・読者モデルや一般人をむやみに使わない

結局、これらを考慮すると消去法で残るのがMarisol。
(読者モデルページは後半に固まっているのでよしとしました)
号や特集でバラつきがありますが、Preciousほど高級ではなく、
ほどほどの品があり、生活感が出過ぎない点では満足しています。

IMG_3681
というわけで、Marisol 7月号と8月号の感想を。
ちなみに9月号は購入を見送りました。秋冬物を見たかったので……。
しかし心配なのは、次号予告の「マリソル通販サイト グランドオープン!」の文字。
どうか通販カタログ化しないでくださいね。
(以前購読していたSPURはそれが原因で離れました)


IMG_3682

7月号は、色を効かせたスタイリングが豊作!
取り入れられるかどうかは別にして、見ているだけでも楽しくなります。
ただ、見返して目が留るのは、P38、P40、P42、P51左など、
モノトーン中心のスタイリング。
色が持つエネルギーと、それを受け取る人間のエネルギーとのバランスでしょうか。

ちょっと気になったのが、雑誌の世界と一般社会の温度差。
P66のスタイリングは“オフィスのドレスコードは厳しめ”設定なのに、
ざっくりとしたニット+ターコイズブルーの9分丈パンツ、
ナチュラルなレザーブレス、オープントゥのコルクウェッジサンダル。
私には厳しめのドレスコードをクリアする服装とは思えません。
ハードルの高い設定をムリに仮想世界へ持ち込まない方が良いのでは。
設定なんてただの飾りかもしれないけれど、料理でも“つまもの”によってはチグハグになるわけで……。

“運命のサングラスに出会う夏”特集も良かったです。
サングラス未経験の私は、何をどう選べばよいのかさえ知りませんでした。
髪の色と顔の形を目安に選ぶといったポイントや、
実際の掛け比べ写真が分かりやすく、サングラスを試してみたくなる内容!

ちなみに私は強度近視+乱視で、メガネ歴は20年以上。
数年前、目に合うコンタクトレンズに出会えたことで、
やっとサングラスを試せる状況になったというのに、
サングラスは“リア充専用アイテム”に思えて抵抗がありました(笑)。
でも、もともと強い日差しに弱い目ですし、堂々と掛ければいいじゃない!と思い直し、
来年こそはサングラスを買おうと心に誓うのでした。


IMG_3683

続いて8月号。

巻頭の“定番配色で着る「ベージュ」&「グレー」”特集、すごく良かったです。
あえて色を差さない、というテーマですが、
決して地味ではなく夏の高い日差しに映える静かな美しさ。
こんな風に着てみたい!と思えるスタイリングの連続でした。
特集を見たあとでは、色を効かせたスタイリングが色あせて見えるほど……。

“R40「ハイ&ロー」はこう進化した!”も、季節の合間らしい実用的な特集でした。
スタイリストやエディターの買い物ポリシーが載っていて面白いです。
私も自分なりの買い物ポリシーが定まりつつありますが、
ブログや雑誌、本などで人さまの考え方を見ると新たな発見の連続!

“アラフォーに効く!夏の「ザ・着やせ」”は、
見開き対談はなるほどと思いましたが、
肝心の写真は着やせ効果の差が少ないように感じました。
ポージングが違うからかな。
GOODもNGも同じポーズの写真が10枚も並ぶと誌面映えしないことは理解しています。

後半の着やせルールと小ワザも、ひとつのスタイリングに詰め込みすぎて散漫な印象。
ページ数の都合もあるとは思いますが……。
スタイルが良く華奢なモデルが着てこれですから、
一般人が同じように着たら大変な事になりそう。

“アラフォー名品BOOK”は、単なるモノ紹介ではなく、
モノと人との付き合い方が興味深くも羨ましく思いました。
私もこんなふうに語れるモノと出会いたい〜!
掲載品の中ではJ.M.ウエストンの靴が気になります♡


P.S.
遅くなりましたが、以前コメントで推薦いただいていた、
GINZA 5月号(「私の人生を変える服」特集号)も読みました!
記事にこそ書いていませんが、他誌にはない濃さがあって面白かったです。
今まで手に取った事の無かったHERSも新鮮で、お姉さん世代の自由な風を感じました。 
情報ありがとうございました♪

IMG_3336

突然ですが、ブログのPC用デザインをマイナーチェンジしました。

大きく変わったのは全体的な大きさ。
主にスペースや文字を大きくしました。
その方が読みやすくなるかな?と思いまして。
小さな文字の方が視界に収まりやすいというメリットもありますが、
しばらくはこのラージサイズで更新してみます。

また、とうとう新しいデジカメを注文したので、
暗い室内の画像も今までのiPhone撮影よりマシになりそうです。
届くのが楽しみ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ