こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

2014年01月

今日の日中は春本番ではないかと思うほど温かく、
アウターなしで出掛けたくなりました。
そんな時こそモヘヤカーディガンの出番!

DSC_1834
モヘヤカーディガン(ベージュ);Drawer
リブニット(グレー):Drawer
レザースカート(黒):UNITED ARROWS
タイツ(杢グレー):Pierre Mantoux
スウェードパンプス(チャコールグレー):Gianvito Rossi
かご:MUUN
見えませんが、自作のコットンパールイヤリング

このカーディガンは、前身頃がモヘヤ、それ以外はカシミヤ製で、
とても温かな一着。
中に着たカシミヤシルクのリブニットと合わせると保温性が高まり、
昼間の買い物にはこれで十分温かでした♪

そして今度は一部を着替えて、歯科治療へ。

DSC_1848
スカート(黒):BALLSEY
ムートンスリッポン(黒):Ambassadors by Verginia

寝姿勢になる歯科治療でレザーのスカートはシワになる危険性大。
サテン地のスカートに変えました。
また、靴を脱ぐ歯科医院のため、万一汚されたり盗まれたりしても、
痛手が少ない靴に履き替えました。
そんな事はまず無いとは思いますが、
防げることで要らぬ揉め事の当事者にならないように。
(美容院へ襟の開いた服を着て行くのも同じ理由から)

/* ここからはどうでもいい話 */

今日は美人日和でした。
私はイケメンよりも美人の方が好きなので(笑)、
何だかとってもトクをした気分です♡

♡美人その1♡
ご近所のドラッグストアに新しく入った店員さん。
歳は20代後半でしょうか。
背はすらりと高く、くっきりとした大きな目、整った顔立ちのモデル系美人♡
ストレートヘアを一つに束ねただけのごくシンプルなヘアスタイルが、
彼女の美しさを際立たせています。

初めて彼女を見たとき、大変失礼ながら、
ドラッグストアのレジ担当にこんな美人が就くとは予想外のことで、
思わず見惚れてしまったほど。
以来、会計が彼女になるとウキウキです(笑)。
今日は彼女の会計だった上、釣り銭の受け取りで手が触れてドキドキ!
おっさんか!!

♡美人その2♡
今通っている歯科医院の歯科衛生士さん。
歳は40代半ばでしょうか。
医療用キャップとマスクの間から覗く切れ長の目が印象的な、
気品を感じる細面の美人♡
全顔が拝めないところが却って彼女の美しさを予感させます。
ただでさえ美しいアラブ系の女性が一層美しく見える理由が分かった気がする……。
今日はバキュームをして頂いたのですが、
吸いきれていない水が喉奥を攻め立ててきました。何たるご褒美。
閉院間際の時間帯でもお美しくて何よりです。

2013AW中期 クローゼット整理の時、手放すかどうか迷い、
保留にしているアイテムがいくつかあります。

手放す/手放さないの判断は、できるだけその場で行った方が良いのですが、
まだ割り切れないうちは無理に手放さず、
次の整理タイミングに持ち越すことにしました。
遅くとも衣替えまでには判断を下そうと思います。

続きを読む

一昨日(1/27)は、新宿に着いたばかりのタイミングで空腹感が襲来。
空腹のままでお店を見て回るのは良くない!と思い、
(余計な物を買いやすくなるそうですし、何より頭が働かない)
以前から気になっていた新宿サザンテラスのブーランジェリー、
ゴントラン シェリエ 東京にお邪魔しました。

同敷地内にあるクリスピー・クリーム・ドーナツとも迷ったけれど、
塩気のあるものも食べたくなって……。
 
食に詳しい方のレポートは食べログにお任せするとして、
私が購入したのはこちらです。

IMG_4140
・スモークサーモンと水菜のイカスミバゲットサンド ¥480
・抹茶クロワッサン ¥250
・ブレンドコーヒー Mサイズ ¥330
※すべて税込価格

初利用なのに変化球のパンばかり選んでしまいました(笑)。
イートインの座席は1Fと2Fにありますが、1Fはカウンター席のみ。
パン棚やレジと同じフロアで、持ち帰りのお客さんがひっきりなしに訪れます。
ゆっくりと味わいたい私には落ち着かなさを感じ、2Fのテーブル席でいただきました。
お客さんは多いけれど、天井が高く外光も差すなどの開放感も手伝い、
駅ナカのコーヒーチェーンほど急かされる感じがなくて良かったです。

ゴントラン シェリエはフランス人ブーランジェのお店ですが、
黒とシルバーを基調とした内装はモダンで、ニューヨークっぽい雰囲気。
(NYに行ったことはありませんが……)
セルフサービスの水はレモン水でした。口がさっぱりとするので嬉しい♡
続きを読む

猫のぶーさんは時々変な寝方をします。
しかし、寝姿を撮ろうとすると起きてしまい、
なかなか撮らせてくれませんでした。

先日、やっと撮れた寝姿がこちらです。

DSC_1724
頬をペット用のあったかマットにくっつけて寝ます。
真夏でもこの寝姿勢をしていたので、暖を取るためではなさそうですが……。

香箱座り→ごめん寝ではなく、首を真横に向けて寝る斬新さ。
人間の目には首が痛くなりそうに映るのですが、当の本人は平気そう。
これは何寝と呼べば良いのやら。

DSC_1726
あ、気付かれた。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

過去記事、クローゼット整理はシーズン毎に3回でご紹介したとおり、
私はクローゼット整理をわりと頻繁に行っています。

以前はクローゼット整理を年2回の衣替えの時しか行っていませんでした。
また、手放す基準も曖昧で甘いもので、
「いつかまた着たくなるかもしれないから」
「着ていないけれどまだきれいだから」と、
いつ来るかも、二度と来ないかもしれない日のために、
時代もテイストもバラバラのアイテム達がひしめき合っていました。

そんな私が少数精鋭のワードローブを目指すようになったのは、
ちょうど1年前の過去記事、小さなクローゼットとマイベーシックに書いた通りです。
ただ、このときは、シーズン始めと終わりに整理するだけ。
まだ判断が甘かったのです。

先日の2013年AW中期 クローゼット整理で、
今までなおざりにしていたインナーやタオルハンカチ、スカーフなど、
衣装ケースの中も本腰を入れて整理した結果、衣装ケースの使用量が半分に減りました。
そのおかげでクローゼットに空間が生まれ、
吊るす余裕がなく畳み収納にしていた服の吊り収納化に成功。
MAWAハンガーの上下連結パーツも必要もなくなり、
インシーズンの服はほぼ全てを見渡せるようになりました。

DSC_1813
計120cmのハンガーパイプに、インシーズンの服ほぼ全てが掛かっています。
衣装ケースの上に載っているのは洋服ブラシが入った箱。これだけは置き場が定まらず……。


手持ちの服が見やすくなったことで、よく着る服と着ない服、
ボトムスに対してトップスが少ないといったカテゴリの偏りなど、
ワードローブの傾向が視覚的に明確になり、
何が要らないのか、何を足したらよいか、更なる判断ができるようになりました。
ノイズが減るにつれ、迷いがなくなり、“今の自分”が見えてきた気がします。

また、点数が少なくなったことで、一点一点に目が行き届いて、
手入れがしやすくなるというメリットも。

物は少なければ少ないほど良いとは一概には思いません。
私の場合、今使わない物を取っておくだけのスペースがないのに、
さしたる理由もなしにあれこれ取っておいたり、手に負える数を越えたりしないように。
そして、今の気分や目指す方向を明確にするためにも、
少数精鋭のワードローブを目指しているところです。

このページのトップヘ