こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

2014年06月

前回記事「NIKE FREE 5.0 iDをオーダーした」の続きです。
注文からおよそ3週間。おととい、ついにスニーカーが届きました!

■注文から受け取りまでの流れ
06/04 ☆NIKE iDにて注文
06/06 「生産開始のお知らせ」メールが届く
06/23 「もう少しで完成です!」メールが届く
06/24 「商品を発送いたしました」メールが届く
06/27 ☆商品到着
06/27 「NIKE iD商品配送完了のお知らせ 」メールが届く

DSC_3892
商品はUPSの国際便で届きました。
配達を担当するのはUPSの業務委託先であるヤマト運輸です。
関税は(当然ですが)掛かりません。

DSC_3893
差出人欄の住所がホーチミン!
どうやらベトナムのNIKE工場から直接発送されたようです。
「商品を発送しました」メールから3日後の到着で、
遅いな〜と思っていたら、ベトナムからだと分かり納得。
もう一枚貼られたUPSラベルにはローマ字で「千葉県市川市〜」とあったので、
おそらく返送先が市川市なのでしょう。

DSC_3894
段ボールの外箱の中には、隙間なく収められた靴箱が入っていました。
緩衝材やビニールなしの省資源梱包で助かります。

DSC_3895
箱を開けると……!?

nikefreeid_grey
▲NIKE.com上の完成イメージ

DSC_3896
▲実物

事前の完成イメージとは色が大幅に異なり、
ミドルグレーではなく、かなり明るいグレーに仕上がっていました(爆)。
サイト上の色名は「ウルフグレー」。
中間〜暗めのグレーを表す時に使う色名だと思っていましたが、
よりによって最も似合わない色のひとつ&ワードローブとも合わないライトグレーだったとは。
スポーツウェアしか合いそうにない爽やかさ。
爽やかすぎて困ります……。

DSC_3898
タンのパーソナルiDはイメージ通り。
私は通常、商品に自由に文字や言葉を入れられるサービスは利用しない方ですが、
今回はふいに「HAVE FUN!」の言葉が浮かんできたので入れてみました。
このスニーカーを履く日も履かない日も、歩くことを楽しもう、という意味を込めて。

DSC_3899
アウトソールは見事なまでに六角形の溝がぎっしり。
足の動きに柔軟に対応するためでしょうか、
前側は溝がより細かく切られ、籠目や麻の葉模様のようです。

DSC_3901
ソールはつま先からかかとに向かって、徐々に厚みが増しています。
そのため、ボール部(つま先立ちになるときに曲がる部分)は適度に曲がり、
土踏まずからかかとにかけてはあまり曲がらないようにできています。


■ひとまず履いて歩いてみた

試しにご近所へ履いて出たところ、1分足らずで足裏全体が温かくなるのを実感。
私はどんな靴を履いても数分も歩けば足が温かくなるタイプですが、
履いて数十歩で温かくなるのは初めての体験かもしれません。
つま先に足指を存分に動かせるだけのゆとりがあるから?

土踏まずからかかとにかけて、ぐらついたり浮いたり擦れたりすることはなく、
一歩一歩安定して歩ける感覚がありました。
長時間歩いたらどうなるかわかりませんが、
かかと部分の肌当たりが良く、擦れないことから、
私のウィークポイントであるかかとの靴擦れは起きないのではないかと思います。

ちなみに足囲は事前に確認した通りの緩さで、横アーチのサポート力はゼロです。
また、歩くとソールと道路の摩擦?で小さく「ギュッギュッ」 という音がします。

というわけで、ひとまずの履き心地は悪くありません。
一番の問題はとにかく色!
ワードローブには合うものがほとんどなく、
バリバリのスポーツテイストも全く似合わないだけに、
これがネックになりそうです。

独特な靴紐の機構やメッシュ素材など、また追記しますね。

【追記】その後の経過をまとめました。
NIKE FREE 今のところ良い調子です
    このエントリーをはてなブックマークに追加

進行が遅れ気味だった仕事がやっと終わりました。
明日に持ち越さずに済んですっきり♡

ご近所のスーパーへ買い物に出た昨日の服装です。
辛口の色&アクセサリー無しですが、
繊細なレーヨンシルクのストールをふんわりと巻くことで、
柔らかい雰囲気をプラスできたのでは?と思います。
ペディキュアがカーキだったらもっと統一感を出せたかもしれません。
仕事も終わったことだし、塗り替えよう!

DSC_3902
Tシャツ(カーキ):無印良品
レオパード柄パンツ:ZARA
ストール(白):無印良品
サンダル(白):Jack Rogers
トートバッグ(黒):L.L.Bean


■服のサイズ直しで思うこと

ZARAのこのレオパード柄パンツ、今季のMVPと言えるほど重宝しています。
ただ、最近少し痩せたせいか、ウエスト周りが以前にも増してかなりぶかぶかに……。
かといって単純にウエストを詰めれば済む話ではないのが難しいところ。

私はウエストに比べて、骨盤の張りやヒップ、太ももがかなり大きい体型です。
パンツをヒップサイズで選べばウエストは当然ユルユルですが、
既製服は、基本的に、何も手を加えない状態で美しく見えるよう設計されていますから、
ウエストだけを大幅に詰めれば、アンバランスな体型をなぞるだけのシルエットになり、
体型を補正して美しく見せる効果は失われかねません。
とくに、このパンツのようなローライズボトムスは、
ウエスト〜骨盤までのカーブが浅く、直線に近いシルエットの方が美しいと思います。
そのため、大幅なサイズ変更は慎重になっています。

ウエスト問題はひとまず置いておいて、近々補正したいのは裾幅。
ストレートよりもテーパードの方が似合う私の場合、
裾幅をもう少し詰めたら下半身がスッとした印象になる気がします。
どれくらいの幅を詰めるか、脱ぎ着が困難にならない範囲で決めねば!

ここ最近の雷ラッシュに戦々恐々の毎日を送っております。
雷自体は怖くないのですが、万が一、住まいやその近くで落雷が起きたら、
電源ケーブルや電話線、アンテナケーブルで繋がっている全ての家電製品が壊れかねず、
とくにPCと無線LANルータは在宅仕事をしている私にとっては生命線。 
雷の音が聞こえるたびに、家中の線という線を抜いて回り、
作業の手もストップさせられてしまう憂鬱な季節です。
(雷ガード機能付きの電源タップなどもありますが、落雷の被害を完全には防げません)

おとといも昨日も雷で作業を中断した遅れが響き、仕事に追われておりますが、
食材が底をつくのでさっと着替えてご近所へ買い物に。

DSC_3890
Tシャツ(ターコイズ):無印良品
ビジューネックレス:Philippe Audibert
スカート(カーキ):MUJI Labo
サンダル(黒):Gianvito Rossi
バングル(ターコイズ):cocobelle
トートバッグ(黒):L.L.Bean
パナマハット:SENSI STUDIO

先日購入した新しいパナマハットを被ってみました。
つばが広めでクラウンは大きすぎない、ちょうど良いサイズ感。

DSC_3891
藁色の帽子に茶と黒のリボンの組み合わせが洒落ています。
これから暑くなるにつれ、身につけるものが無彩色に傾きがちな私にとって、
色をリンクさせやすく、ちょっとしたアクセントにもなる、
使い勝手の良い帽子になりそうです。

このページのトップヘ