こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

2014年08月

シーズン終わりの恒例行事、靴反省会。
今年の東京は8月下旬から完全に秋の気候になってしまったこともあり、
今後暑い日があったとしても、もうサンダルに戻る気にはなれません。
晴天に恵まれた昨日は手入れ日和。
夏の間に履いた靴を手入れしながら振り返ってみました。

続きを読む

おとといは今秋(今夏?)初のクリームシチューを作ってしまいました。
最近の急激な肌寒さが身にしみるようになり、
あの温かくクリーミーな味わいに無性に心惹かれたものですから……。
8月のクリームシチュー、結構良かったです(笑)。

昨日は仕事の資料集めの傍ら、
BIOTOPで開催されているHYKEのポップアップショップにお邪魔しました。
HYKE POP-UP SHOP AT BIOTOP
オープンから既に1週間が経っているので品揃えには期待せず、
今季のHYKE商品を見られたらいいな、くらいの感覚でしたが、
良い出会いがありました……♡
その件はまた別記事でご報告致します。

DSC_4606
Tシャツ(黒):ZARA
ハイライズデニム:ZARA
パンプス(ネイビー):ZARA
ストール(ブラウン):Faliero Sarti
バッグ(ネイビー):GLOBE-TROTTER
ブレスレット(シルバー×スワロ):Philippe Audibert
コットンパールイヤリング:自作

雨が降ったり止んだりの肌寒い一日。
ただ、長袖では少し歩くだけで暑くなる私にはまだ早いと思い、
カシミヤシルクのストールをたっぷりと巻いて保温仕様に。
案の定、ストールで十分すぎるほど温かく、むしろ少し暑いくらい(笑)。
“雨の日はいつも以上に落ち着いた色に手が伸びる”法則どおりのスタイルです。
足元は多少濡れてもOKな合皮のパンプス、迷彩柄の折り畳み傘を持って出かけました。
気づけば上下と靴がALL ZARA!
ZARAは苦手意識を持っていた時期もありましたが、
デザインテイストが好みとマッチしてきたこともあり、大いに活用しています♡

しかし、残念ながら、歩いたり立ったりしたのは2時間ほどだったのに、
思い切り靴擦れしました……(泣)。
親指の付け根の側面とかかとに水ぶくれ発生。
この靴は何度か靴擦れを繰り返しており、足に合わないのかもしれません。
形が美しいだけに惜しい!
また、以前よりも足の形が崩れたり、筋力が落ちたりしている可能性もありそう。
夏の間はトングサンダルに頼りっぱなしでしたし。
秋からはスニーカーを履く割合を増やして、だらけきった足環境を改善しようと思います。

DSC_4594
先日、NARS×3.1フィリップリムのネイルカラーを購入しました。
購入したのは#3678 DARK ROOMです。
3.1 Phillip Lim for NARS Nail Collection(NARS公式サイト)

DSC_4599
(口コミサイトなどでよく見る写真風に……)

ずっと前から探していた、赤みのないネイビーのネイルカラー。
あるファッション情報サイトのニュースで存在を知り、
このネイビーなら理想の色かもしれない、と思って伊勢丹へ。
実物は、探していたネイビーに近い、赤みのないミッドナイトブルーのような深いネイビーでした。
パール、ラメ、偏光なし、透けないオペークタイプ。
ボトルを光に透かすと、少しビリジアンのニュアンスが感じられます。

ネイビーのネイルカラーは、積極的には探していなかったこともあり、
今まで足を運んだブランドや店舗では数えるほどしかなく、
やっと見つけたと思っても、大抵は赤みを含んだネイビーで、
藍染を限りなく暗く濃くしたようなネイビーには出会えずじまい。
NARSの#3678はかなりいい線を行く納得の色味でした。

気温が急に下がったこともあり、そろそろ爪も秋を見据えた配色にしたいもの。
このネイビーと以前購入したpaのグレーを使って落ち着いた感じにしてみました。

続きを読む

今日は湿度こそ高いものの、ずいぶん涼しくなりました。
涼しいというだけで身体がこんなにもラクになるなんて。
身体がこの涼しさに慣れてしまったら、猛暑日再来が恐ろしくもあり……。

さっそく、買ったばかりのZARAのロゴTシャツを登板。
レザースカートを合わせたかったのですが、小雨混じりの天気に従い、
濡れてもOKなサテンのスカートとPVCの靴にしました。
全体的に色と質感がシックなので、あえてTシャツの裾を全部出してリラックス風にしています。

DSC_4579
ロゴTシャツ(黒):ZARA
フレアスカート(黒):BALLSEY
三角形柄靴下(白×黒):チュチュアンナ
レインシューズ(黒):HENRY&HENRY
トートバッグ(ネイビー):GLOBE-TROTTER
ビジューネックレス(シルバー):Philippe Audibert

今季はじめに欲しいアイテムとしてその名を挙げつつも、
結局、買わずにシーズンを終えそうになったもの、ロゴTシャツ。
いろいろなロゴTシャツを見るうちに、相当難しいアイテムであることに気づき、
無理に冒険せずとも使い勝手が良い無地Tシャツで十分。
そんな考えで易きに流れていたところ、ついに私でも使えそうな一着を見つけました。

0264229800_6_1_1
ZARA日本 メッセージTシャツより)
ZARAの樹脂ロゴプリントTシャツです。色は黒、Sサイズを購入。
綿100%でも毛羽立ちの少ないサラサラとした生地で落ち感があり、
ゆったりめの袖や身頃が身体にしなやかに沿ってきれいでした。
襟ぐりの開きも鎖骨の上に乗る狭さで、胸ナシ星人にも安心(笑)。
ちょうど黒のトップスも欲しかったので渡りに船です。
落ち着いた秋色に合わせやすいですし、半袖一枚で過ごせる間は重宝しそうです。

DSC_4571
ロゴは樹脂をくっ付けたタイプ。合皮のようなツヤがあります。
樹脂の側面に当たる部分(厚みの部分)はラズベリー色になっていて、
角度をつけるとこの色がチラリと見える仕様。
黒地に黒のロゴでも、大人しすぎず派手すぎず、程よい存在感です。
私は下半身に重心のある体型ですから、
ロゴの位置は高い方が目線が上がってバランスが良くなります。

ひとつ引っかかっていたのは、ロゴのデザイン。
「TOKYO」の文字を左右反転させたものだったからです。
(色違いの白は「NEWYORK」の左右反転)
ロゴTシャツではよく見かけますが、上下や左右を反転させた絵柄は、
ともするとモチーフに反対する意味があるように受け取れかねず、
実在の地名の鏡文字はどうなんだろう?と思っていました。
デザイナーに意図を聞いてみたくなりますが、そうは行きませんし。

モチーフの内容や意味をどの程度気にするかは人それぞれ。
全く気にしない方もいらっしゃると思いますが、私は気になってしまう方で……。
モチーフに対してリスペクトや愛を感じる使い方は良いけれど、
時折、深い意味もなくぞんざいな使われ方をしたであろう製品を見ると悲しくなります。
先日デザイナーの友人とも“デザインと愛”の話題になり、たとえクライアントの指示でも、
愛のないデザインはできる限りやりたくないね、と話したばかり。

ZARAの試着室でそんな答えの出ないことを考えながらTシャツを着てみたら、
鏡に「TOKYO」の文字が正しい向きで映り、おおっ♪と思わずにはいられませんでした。
当たり前の出来事でも、何だか不思議な感覚で楽しくなったものですから!
鏡文字は、鏡をのぞいた時に楽しく感じる為?と都合良く捉えることにしました。
我ながら現金なヤツです(笑)。

このページのトップヘ