こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

2014年11月

私は、大抵の口紅やリップグロス、リップクリームでさえも、
塗って1時間もすると皮剥けしてしまう貧弱な唇の持ち主。
コスメにハマっていた20代前半ごろは、
唇のコンディションを犠牲にして気合いでリップアイテムを楽しんでいましたが、
コスメへの情熱が薄れるとともに、唇に色を乗せることも止めてしまい……。

今冬もワセリンオンリーの生活を送ろうとしていたところ、
コメントでらんきちさんからこんな情報をお寄せいただきました。
どうもありがとうございます!

最近、寒くなって来ましたけれども唇の荒れとかは大丈夫ですか?
私も唇が荒れやすいのですが、荒れないリップがあったのでオススメ出来るかなと思いまして。
ボビイブラウンのクリーミーリップカラーです。
BAさんに「塗ってる方が潤いますよ♡」と言われ半信半疑で試したら…
アラッ?私のすぐガッサガサになる唇でも潤いが!と嬉しかったです。
リップが落ちてきた時が私のガサガサのピークなのですが、
このリップカラーは落ち方も良いと言うか荒れませんでした。
BAさんの言葉通り塗ってる方が潤う感じです。
ただ、合う合わないがありますし、既に試されてて駄目でしたら申し訳ありませんが…

ボビイブラウン、シマーのイメージが強すぎて実は未経験でした。盲点だったのかも!?
ということで、先日、相性を見るべくタッチアップに行ったところ、
付けて3〜4時間経っても全く皮剥けしませんでした♡
合わないリップアイテムは付けて1時間、長くても2時間後には、
唇の皮の端がめくれてくるのですが、今回はそれが無くて。
問題なさそうな予感に賭け、2度目のカウンター訪問で購入と相成りました!

DSC_6047
クリーミー リップ カラー 03 Uber Pink(ウーバーピンク) 

ボビイブラウン公式サイトのウーバーピンクはどう見てもローズピンクですが、
実物は全く違う色でした(笑)。
上の写真は色補正でかなり実物に近づけたつもりです。
わずかにオレンジを含んだヌーディ系ピンクベージュで、
白っぽさはなく、唇に溶け込むように血色を整えるタイプの色。

DSC_6049
何の参考にもならない手の甲の画像。
(しかも口紅の右下は以前ぶつけた跡で黄色くなってるし……)
商品名どおりのクリーミーで粘度のあるテクスチャー、ほどほどのカバー力あり。
ラメなし、パールもなしか微量で、テカテカにならない程よいツヤ。
手の甲では鮮やかなコーラルピンクに発色しますが、
唇の色と重なることで主張しないヌーディーリップに変身します。

今回はカウンターのタッチアップ+購入後の塗り直しで連続10時間付けていますが、
現段階では一切荒れていません。唇の乾燥も感じませんし、これはすごい!
使い続けて問題が無ければ別の色も欲しいくらいです。
一緒に紹介されたコンシーラー(後述)も効果絶大で買う気満々(笑)。
ボビイブラウン、今までノーマークでもったいないことをしたかもしれません。

らんきちさん、教えてくださって本当にありがとうございました♡




続きを読む

今日は昼頃に雨が上がり、チャンスとばかりに洗濯物を干しまくりました(笑)。
バルコニーへ出ると街全体を霧状の白い空気が覆っていて、
遥か臨む富士山は御簾越しの殿方よろしく、紗が掛かったお姿に。
幻想的な光景を前に洗濯物を干す手が一瞬止まった出来事でした。

午後は日差しのおかげか、さほど寒くなく、アウター無しで十分と判断。
日中の外出なのでこれで全く不都合ありませんでした。
少し歩くと暑くなる私の場合、冬は厚着による汗冷えが大敵。
そろそろ汗冷えと見た目の寒々しさとの戦いがスタートしそうです……。

DSC_6041
タートルネックニット:無印良品
スカート:The SECRETCLOSET
タイツ:Pierre Mantoux(COTTON70 / CAMEL CHINE)
スニーカー:adidas Originals
マフラー:Eric Bompard
レザートートバッグ:無印良品
ブレスレット1:Philippe Audibert
ブレスレット2:Philippe Audibert

遊び半分でカフェオレ配色で統一してみました!
季節感という点において、秋の白は難しい色のひとつですが、
オーソドックスな秋色を合わせずに白を楽しむ方法を探したくなって。
マフラーの下に少し長めのネックレスが顔を覗かせるとベターかな〜。

このスカートは春夏物。“秋の白”実験で復活していただきました。
衣装ケースの整理中、ジョーゼット生地のこのスカートが目に止まり、
合わせるものや見せる面積次第では秋冬も使えそうだと思い直した一着です。
シルクサテンやジョーゼットの薄手スカートは秋冬も出ていますしね。

DSC_6045
今回、少し悩んだのがトップスの裾の処理。
リラックスカジュアルに仕上げたかったので、あえて裾をラフに出しました。
スタイルアップを目指すなら、私の体型の場合、裾を入れた左の方が良いと思いますが、
肩の力を抜いた今のトレンドには右の方がマッチするかと……!
スカートの面積が減ることで寒々しさも多少減る気がします(気がするだけかも)。

2日連続の寒い雨の日が終わり、暖かくなった昨日。
再びアウター無しで出掛けました。

これまで、冬の雨&雪の日用アウターはモッズコートに一任していましたが、
色褪せとくたびれた感じが目立つようになって手放しました。
後任不在のままシーズンを迎え、やはり冬の雨&雪の日用アウターが必要だと実感。
私の場合、冬は防風できれば防寒性はそこそこで十分、
汚れても気にせず着倒せる手頃なアウターか、撥水&防汚加工のアウターが良さそう。

昨日はZARAやアウトドアブランドを中心に見て回りましたが結論が出ず。
丈はショートかロングか、シルエットはスリムかゆったり目か、
テイストはきれい目かカジュアルか、どれくらいの期間(秋、冬、春先)着たいか……、
これらをもう少し明確にして出直そうと思います。

DSC_6020
タートルネックニット:iliann loeb
デニムスカート:MACPHEE
タイツ:BLEUFORET
スニーカー:adidas by Stella McCartney
レザートートバッグ:無印良品

合わせやすさから、つい手が伸びるこのデニムスカート。
履きジワが目立ってきたので、帰宅後、手洗い&アイロン掛けしました。

DSC_6026
ブルーフォレのコットンタイツ、ロンハーマン別注色ネイビーは、
リジッドデニムの深いインディゴにぴったり♡
チャコールグレーや黒のタイツでも合いますが、
下半身を繋げたいときはネイビーのタイツが重宝します。

星柄が好きな人はどれくらいいるのだろう。
星柄ルームウェアの記事にも書きましたが、
私は物心ついた頃からの筋金入りの星柄LOVER。
けれども、年を重ねるにつれて難しさが増す柄であることも重々承知しています。
有名どころではジミー・チュウのスタースタッズシリーズがありますが、
“リア充専用アイテム”のごときオーラに尻込みしてしまうヘタレぶりで(汗)。

大人でも合う星柄、大人だからこそ合う星柄を探して、
お店や雑誌、WEBなどを周回する日々。
そんな中でいいなと思った星柄&星モチーフをご紹介します。
同じ星柄LOVERのお役に立てますように……☆


thestiletto_12800847_washedblackwministars_crop
the stiletto / washed black with mini stars(CURRENT/ELLIOTT公式サイトより)

thefling_15570488_washedblackwministars_crop
the fling / washed black with mini stars(CURRENT/ELLIOTT公式サイトより)

カレント・エリオットの星柄デニム♡
ブラック×シルバーの星柄プリントがかっこいい!
春夏にはウォッシュドインディゴ×ゴールドの星柄プリントが出ていました。
the stilettoはスキニー、the flingはスリムボーイフレンドです。
小さめで少しかすれたプリントの風合いと、まばらで不規則な配置のおかげか、
星柄でも幼くならないデザイナーのバランス感覚に脱帽。

これまで何かと柄物に飛びつきがちだったことを反省し、
ワードローブの無地化を進めている最中の私は購入を見送りましたが、
来季以降もカレントの星柄デニムがリリースされたら手を出してしまいそうです(笑)。

ちなみに星柄のthe stilettoはSHOPBOPで30%OFFセール中。
円安傾向が続いているからこそ、セールでサイズが合えばかなりお得ですね!


44700137AO_14_e
RED Valentino RAIN BOOT(RED Valentino米国公式サイトより)

筒に星が散りばめられたレインブーツ♡
甘いテイストが多いレッドヴァレンティノの中ではロックな一足かもしれません。
コーディネートの難易度は高いと思いますが、
オーソドックスなレインブーツに飽きた方なら挑戦する価値がありそう。


そして、こちらは発売を楽しみにしている星モチーフ。

10614304_620702974719030_792161170512964935_n
(PLUIE 公式Facebookより)
 
ロンハーマンで出会ったヘアアクセサリーブランド、PLUIE(プリュイ)
既存のヘアアクセサリーにありがちな安っぽさや幼さが全くなく、
美しく繊細な世界観に魅了されてしまいました。
一点一点高価ですが、樹脂製のものと違って簡単には壊れなさそう。

そのPLUIEから12月に発売される新作の中に星モチーフが!
ひとつは上の画像の下段にもある、SHOOTING STARシリーズ♡
サイズはSMがあり、Sならさりげなく使えるのではと期待しています。
公式通販サイトではバレッタしか掲載されていませんが、Facebookでヘアコームの写真があり、
バレッタにいい思い出がない私としては(何個も弾け飛んで壊れた)、
ヘアコームなら何とかなると信じています(笑)。
シンプルなヘアコームCRESCENT Sも気になるので必ずやチェックしに行きます!

先日購入したChurch'sのドレスシューズ、Lowick。
試着したときは足に完璧に近いくらい合う!と感激した一足ですが、
短時間の試着&店内の床を歩いただけでは本当の相性はわかりません。
外の道を手荷物を持った状態で歩く、実地を経て初めて評価できるもの。
今回は試着時のフィット感に賭けたくなっての購入でした。

DSC_5679-2
Lowickは、ポリッシュドバインダーフュメというガラスレザーのアッパーと、
ラバーソールで構成されている靴で、アッパーもソールも硬め。
現在、少しずつ履きならしている最中ですが、一ヶ所、必ず靴擦れする部分があります。
それは左足親指の第一関節と第二関節の間の皮膚。
歩行で靴のつま先が曲がるとき、曲がったアッパーがこの部分を強く圧迫し、
皮膚が擦り剥けてしまうのです。これが痛くて痛くて(泣)。

治りかけで絆創膏を貼った状態でも、完全に治った状態でも、
Lowickを履くと再び擦り剥けました。
根気よく履きならせばいつか靴擦れしなくなるかもしれませんが、
履くと必ず擦り剥ける現状のままでは痛みでくじけそう。
頼みの綱のキズパワーパッドは膨らみで靴内が窮屈になる可能性大。
私は賭けに負けたのか? ぐぬぬ……。

そこでふと、あるものの存在を思い出しました。
2年ほど前に近所のドラッグストアで緊急避難的に買ったけれど、
目的が果たせなくて、でも、捨てられないまま持っていたアイテム。

DSC_5979
〜あたって痛いウオノメ・タコ・靴ずれに 標準サイズの保護パッド〜
ソルボバン レギュラータイプ(SORBO公式サイト)

靴擦れの保護パッド、ソルボバン。10枚入で¥380(税抜)。
当時履いていたパンプスは靴の履き口で親指の付け根やかかとが擦れやすく、
痛みを和らげたい一心ですがった藁でしたが(笑)、
貼って歩いたら数秒で剥がれてしまい、何の役にも立ちませんでした。

なぜかまだ持っていたこれを、ダメ元でLowickの靴擦れ予防に試したところ……
やった、効いたーーー!!!
痛みは全く無く、治りかけの患部も悪化せず、最後まで剥がれずに歩けました(感涙)。
その後、入浴しても、2〜3日貼りっぱなしでも、保護パッドは剥がれず付いたまま。
以前は一瞬で剥がれたのに……。
今回剥がれなかったのは、靴下履きだったことや、季節が冬であること、
貼る位置や靴の形状なども関係するかもしれません。

いずれにせよ、履きならしが苦行ではなくなって本当に気が楽になりました。
捨てずに取っておいて良かった〜♡

というわけで、お蔵入りからまさかの復活を遂げたソルボバンのレポートです。
一応、ぼかしをかけてありますが、貼った足の画像がありますのでご注意ください。

続きを読む

このページのトップヘ