こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

2015年01月

朝、カーテンを開けると……景色が白で覆われている!
天気予報どおり東京平野部にも雪が降りました。
でも、積雪量が少なく、途中から雨に変わったおかげでアイスバーンにならずに済みそう。
寒いけれども昨年2月の大雪に比べたらずっとマシです。

オフホワイトのワイドパンツの裾上げ、今日やっと出しに行けました。
クリーニング後もサイズの変化がないことが分かったので、
お店の方に見立ててもらった当初の予定どおり、裾上げ幅は4cmに。
フラットシューズで合わせた時に、かかと側が床から1.5〜2cm上になる丈です。
仕上がりが楽しみ♡

DSC_6911
コート:Drawer
中に着たブークレニット:BEAUTY&YOUTH
スキニーデニム:ZARA
スノーブーツ:SOREL
トートバッグ:L.L.Bean
マフラー:無印良品

地面近くは雪解けの冷気で覆われていましたが、
ふくらはぎ丈のスノーブーツはそれを全く感じさせない抜群の温かさでした!
脱ぎ履きはちょっと手間だけど、この温かさは感動モノ♡
寒い雪の日の外歩きは身体に必要以上に力が入りがち。
滑りにくく温かい靴だとリラックスして歩けて、疲れが減るのを実感しました。
(ただし金属やPタイル上は滑りやすいのでご注意ください)

スノーブーツの出番は年に数回。
ロングブーツ一足分のスペースを割くのはもったいない気もしましたが、
やっぱり一足あると今日のような日も安心ですし、いざ履いてみて納得。
(ショート丈の方が絶望的に似合わなかったのもあります・笑)
カナダ生まれのスノーブーツ、“餅は餅屋”の言葉が浮かびましたとさ。 

かごめかごめ状態で私を取り囲んでいた仕事の案件達は、今日ひとつの区切りを迎えました♡
これでやっと食材を調達に行ける!というわけで自転車でスーパーへ。
明日は雪の予報ですから、今日中に買い出しに行けて良かったです。

IMG_4535
完全防寒仕様の買い出しスタイル。寒いので帽子を深めに被っています。
上はダウンベストとファーのベストの重ね着、下はニットパンツとハイソックスの重ね履き。
二重になっていない肩と太ももは自転車で風を受けて寒かったですが、
漕いで3〜4分もすると身体が温まってきて気にならなくなりました。

コート:無印良品
中に着たファーベスト:DEUXIEME CLASSE
中に着たリブニット:Drawer
ニットパンツ:Drawer
ハイソックス:ユニクロ
スニーカー:adidas Originals
マフラー&ニット帽:無印良品
手袋:UNITED ARROWS
バックパック:THE NORTH FACE


昨日は食材の在庫が尽きたのに買い物に行けず、気づけば23時すぎ。
ご近所周りは夜が早く、スーパーも飲食店も軒並み閉店かラストオーダーの時刻です。
もうすぐパートナーが帰ってくるのに、詰んだーーー!!
……あっ、まてよ、あれならまだ間に合うかも!?
というわけで、数年ぶりに宅配ピザを注文しました。
スマホアプリで注文すると少しお得になると知って、急いでダウンロード&注文(笑)。
オーダーストップ寸前の滑り込みセーフです。
お店の皆さまゴメンナサイ、でも、おかげで助かりました♡

今どきの宅配ピザはすごいんですね〜。
アプリで配達予定時刻やお店での進行状況が見られて驚きました。
支払いもアプリで完結して受取はスムース。
予定より2分ほど早く届いた上にピザはアツアツ。
ピザを入れるバッグも進化していたんだなぁ……。
実は私、高校生の頃に宅配ピザ店(大手ではない)でインストアのアルバイト経験あり。
当時は電話注文でオーダー票は手書き、支払いも現金のみでしたから、隔世の感があります。

ここ最近はナポリピッツァに傾倒していましたが、
久しぶりに食べた宅配ピザは記憶以上に美味しくてアツアツで、
たまにはこんなアメリカンなピザもいいものだと見直した夜でした。

先週末に請けた案件が私の周りをかごめかごめしています。
次々と締切が近づいてきて修羅場になりそうな週前半。
いや、既になってる!……私の段取りの悪さは世界一に違いない(汗)。

こんな時こそ修羅場に染み渡るエリクサーが必須。
今日のおやつはクロワッサンたい焼きです。
一度食べてみたいと思っていたクロワッサンたい焼き。
仕事の打ち合わせ帰りにたまたまお店を見掛けて、チャンスとばかりに買ってみました。

DSC_6884
クロワッサンたい焼き 1尾210円(税込)。
餃子でいう羽の部分も付いた、四角いたい焼き。
羽付きだとものすごくトクをした気分になるのは私だけでしょうか。

DSC_6886
いい塩梅でキャラメリゼされたザラメが、これでもか!というほど表面を覆っています。
食べる前からおいしさが約束された艶やかなビジュアル。
なんと麗しきこの光景……ああ、見てばっかりいないで、いざ実食。

羽部分はパリッパリに焼き上げられたパイそのもの。
味は身近なもので例えると源氏パイ、それを堅く厚くした感じで、
食感はサクサク+ザラメのガリガリが混じります。
サクサク系のパイもベルギーワッフルも大好きな私には完全にストライク。
ベルギーワッフルにおけるパールシュガーの如き名脇役のザラメ達は、
たい焼きのどの部分を食べてもヒット、軽快な歯触りが続きます。

羽ばかりだったらいいのに……身も蓋もないことを思いつつ食べ進めると、
パリパリの羽ゾーンからしっとり柔らかな鯛ゾーンに突入。
鯛の中には甘さ控えめの粒あんがほどほどに入っていて、
柔らかな生地との組合せはさながらデニッシュあんパン。
というか、全力でデニッシュあんパン。
繰り返す。おいしいけれど、これはたい焼きではなくデニッシュあんパン、時々源氏パイ。

食べる前から分かっていました。
生地にバター風味の油分が入った時点でノーマルたい焼きとは全くの別物ですね。
ノーマルたい焼きを食べたい方にはおすすめしません。
反対に、シュガーバター系で歯ごたえがあって食べた充実感のある物が好きな方にはぴったり。
デニッシュメロンパン、クロワッサンダマンド、アップルパイの気分の時に、
選択肢に入ってくるイメージです。

白いたい焼きもそうですが、ノーマルたい焼きと味の方向性が全く違うので、
たい焼き形である必要性があまり感じられません。
揚げないドーナツ然り、最近、この手のスイーツが増えてきた気がします。
人は初めて見る食べ物には警戒心を抱きやすいですから、
見慣れたたい焼き形にする方が受け入れられやすいのでしょう。
ゼロから新ジャンルを立ち上げるよりも、既存のたい焼き枠に乗った方が早いのは確か。
新しく金型を作る必要ありませんし!

たい焼き形の謎に想いを巡らす間に、たい焼きはすっかり胃袋の中へ。
先ほどは、羽ばかりだったらいいのに……と言いましたが、全部食べ終えたらなるほど、
鯛部分が羽の油クドさの緩衝地帯を担っていたようです。
味と食感が変わることで最後まで食べ飽きさせない作戦か〜〜〜!
大変好みの、おいしいおやつでした♡ ごちそうさまです。

クロワッサンたい焼きの公式サイトを見たら、
よく行く駅の近くにもお店があることが発覚。
知らなかった方が幸せだったのか? フラフラと寄り道してしまいそうです……。
さっ、仕事の続きしよっと!

クロワッサンたい焼き 銀のあん(店舗公式サイト)

前回記事、2015年に更新したいもの1位:バッグの中身でも触れたとおり、
4年近く使っている財布がかなりくたびれてきました。
お疲れ感ただよう財布ではお金もゆるりとできず、足早にチェックアウトしそう……。

今の財布は自分の好みやファッションテイスト、
この先ありたい姿と完全にズレてしまったことに気づきながらも、
外面を飾るアイテムにうつつを抜かし続け、ずっと後回しに。

自分の気持ちに見てみぬふりをするのはもう止めよう。
今年こそは財布を変える!

そう決めたら現金なもので、一日も早く変えたくて堪らなくなり(笑)、
年明け早々、財布探しの旅に出たのでした。

ジャーン、ジャーン、ジャーン、ジャジャーーーーン!

2015_a-wallet-odyssey
(画像引用元:the Movie title stills collection

なんか大げさにしすぎました……すみません(汗)。
それにWallets Odysseyかも。


続きを読む

先日、ディオールへ口紅を見に行った時に一目惚れした、
春の限定ネイルカラー“トップ コート エクロージョン”。
その時はスルーしたけれど、想いは日増しに高まるばかり。
春の陽気に誘われた虫のごとくカウンターへと再び吸い寄せられたのでした。
気づけば小さなボトルに閉じ込められた“春”の虜。
我ながら予想どおりの展開です(笑)。

DSC_6812
ディオールの春カタログとトップ コート エクロージョン

色とりどりのコンフェティ(紙吹雪)がクリアなトップコートの中を舞うさまは、
まるでスノードームのよう。
ボトルを傾けて眺めるだけでも、ふわっと幸せな気分が広がります。
この気持ち……桜の花びらがはらはらと落ちていく、春のうららかな光景を思い出すから?

読者の方から口紅のおすすめ情報をいただいたことで出会えたネイルカラー。
aidaさん、きっかけをくださってありがとうございました!

DSC_6818
ホワイト、ライトイエロー、ミント、アクアブルー、ライトピンク。
夢のようなカラーパレット。

DSC_6820
なんて美しいのだろう。

この春夏は辛口ファッションがますます気になっています。
トップ コート エクロージョンはテイストが違うとわかってはいるけれど、
それでも楽しみたい衝動は抑えきれず、心の赴くままに買ってみました。
すぐに飽きてしまったとしても服よりお手頃で場所も取りませんし、
たまにはハメを外してもいいかなと♡

でも、折角の美しい一品ですから、
辛口ファッションとのギャップを埋める使い方を探求したいもの。
手持ちのネイルカラーや化粧品売場のテスターと重ね塗りして、
いくつか良さそうな組合せを見つけました。
続きを読む

このページのトップヘ