過去記事2件の続き、タイツの整理【3】です。
タイツの整理【1】 履き心地の大切さ

タイツの整理【2】 画期的な収納方法 

結局、履くタイツ(=収納するタイツ)の数は大幅に絞れました。
一度履き心地の良いタイツを知ってしまったことで、
ウエストの締め付けが強い、厚手の平ゴム入りタイツや、
履くと痒みが出るタイツには戻れなくなって……。

今季は以下の5足だけで何とか過ごせました。
あと3〜4足もあれば十分に事足りそうです。

・BLEUFORETのコットンタイツ(チャコールグレー)
・エクスエールのランダムリブタイツ(グレー×ブラック)
・Pierre Mantouxのコットン混タイツ(ネイビー)
・Pierre Mantouxのコットン混タイツ(杢ブラウン)
・無印良品のケーブルタイツ(杢グレー)※
※タイツの編地や色が気に入っており、処分するには忍びなくて、
ウエストの平ゴムを抜いてみました。履いているうちに少し下がって来るのが難点。


今はこんな感じで収納しています。

IMG_1788
クローゼットの壁際に突っ張りポール(100円ショップ)を渡し、
引っかけるタイプのクリップ(無印良品)を掛け、タイツを挟んでいます。

mujiclip
ステンレスひっかけるワイヤークリップ
(無印良品ネットストアより) 

クリップ購入当初、厚手のタイツが挟めず失敗したと思いましたが、
厚手のタイツは処分したので急きょ復活しました。 

IMG_1790
一応、ホーザリーは下着の部類なので、丸見えにならないよう、
壁と衣装ケースとの隙間に入れて目隠ししました(笑)。
計10足ぐらいまではこの隙間に入れられそう。
ちなみに、手前のクリップに吊るしてある物は、以前ご紹介したフェイスカバー
衣装ケース上の銀色の箱は平野の洋服ブラシです。

中が暗い当クローゼットでも、目的のタイツを手早く取り出せて便利。 
タイツをクリップで挟んで吊るす収納方法は、
収納プランナーさんのアイデアを頂きましたが、さすが!です。