引き続き無印良品ネタ。ムジラー熱が復活しつつあります(笑)。
無印良品週間10%OFFで、その効果に「本当かな~?」と思いながらも、
試着したら意外と形が良く、試しに買ったTシャツがこちら。

4548076203544_400
汗じみしにくいUVカット クルーネック半袖Tシャツ
(無印良品ネットストアより)

普段着Tシャツは、以前購入したSUNSPELのものがありますが、
脇汗が目立つ色に加え、 洗濯で斜行してしまったこともあり、
満足できるものに出会えないままでした。

最近のTシャツは、ジェームス・パースの流行のおかげか、
襟ぐりが深く、透けるほど薄手のものが主流。
胸無し&深い襟ぐりが似合わない私としては非常に困ります。
探しているのはその逆、狭い襟ぐりと程よい厚みのTシャツです。

IMG_3336
このTシャツは、襟ぐりと生地の厚みは合格。
襟ぐりがもう少し狭いと尚良いのですが、
ワンサイズ下にするとピタピタになってしまうので止めました。
ちなみにMサイズを着ています。バストが豊かな方には厳しいかも。

IMG_3337
そして肝心の「汗じみしにくい」は本当でした!
蒸し暑い中、15分ほど小走りで汗だくになったのに、
Tシャツは汗を吸っても色が全く変わりません。これはすごい。
道端で何度も脇を確認していた私は変な人だわ……。
2013/6/24加筆:明るい場所で確認すると、濡れた部分はわずかに暗くなっていました。
色の差は、よく目を凝らせば分かる人には分かるかな?という程度。
くっきりとした境界線が出ないことには違いありません♡

今まで、カーキ色のトップスは似合う色にもかかわらず、
脇汗が目立ちやすいことから、夏は着られませんでした(泣)。
これなら真夏でも大丈夫そう。

ちなみに、あくまで湿っていることが目立たないだけですから、
この上には重ね着しない方がよいと思います。
着たものに汗が移って、結局、脇汗がバレます。

組成は綿93%、ポリウレタン7%。
ポリウレタン特有のよく伸びる生地はあまり好みではありませんが、
他社の汗対策Tシャツのように、化繊然とした生地に比べたら、
ずっと自然な風合いだと思います。
色違いや洗い替え用にまとめ買いしたいぐらい気に入りました♡

ひとつ気になるのは、下げ札の注意書き。
「洗濯・クリーニングにより徐々に効果がなくなります」
これはUVカット機能のことなのか、汗じみしにくい機能も含むのか……?
良品計画へメールで問い合わせてみたところ、半日で回答をいただきました。
当商品の汗じみしにくい効果とUVカット効果は、
どちらも繰り返しのお洗濯により徐々に薄れてまいります。
ということは、費用対効果で考えると、短時間着て洗濯を繰り返すより、
一日中着るときや、汗だくになることが確実なときに着る方がお得ですね。
何回の洗濯で閾値を下回るか、タグに正の字を書いて(笑)カウントしてみます。 
 
某大手下着メーカー製の汗対策Tシャツも、洗濯で効果が薄れるのだそう。
ひと夏の寿命かもしれないTシャツにあまりお金をかけたくない私としては、
価格面でも無印良品の方がお手頃で(定価1,550円)助かります♪