麻の割烹着に続いて、先日のウインドーショッピング雑記でご紹介したもの第2弾。
無印良品のカスタネットミトンも使ってみました!

4934761052588_03_1260
麻厚地 カスタネットミトン 2個 | 無印良品ネットストアより

大きなミトンはその大きさゆえ、指先が余ってモノを掴みづらかったり、
一時置きするにも場所を取ったりと、不便に感じることが少なくありませんでした。
電子レンジで熱くなったお皿、鍋のフタ、琺瑯鍋の取っ手、オーブンの天板。
それらを掴むのはほんの少しの間だけ。
大きなミトンを使うのが面倒なあまり、手拭きを重ねてミトン代わりにすることも(汗)。
こんな小さなミトンがあるなんて……もっと早く知りたかった〜!


DSC_7977
届いたミトンはその名の通り、形だけでなく、大きさもカスタネットサイズ。
これなら割烹着のポケット(改造して取り付ける予定)にも入りますし、
キッチンまわりにつり下げても邪魔になりません。

DSC_7979
手を通すと親指側は若干フィットしませんが、
ものを掴む分にはおおむね問題ナシ。

DSC_7980
手を広げると親指側が脱げそうになります。二つ折りの折り癖がつく前だから?
ものを掴んでいる最中に脱げる訳ではないので、
折り癖がつくのを気長に待とうと思います。

商品ページには中央の紐が不要だという口コミがありますが、
確かにちょっと邪魔なような(汗)。
でも、紐を切ると引っ掛けられなくなるし……。
しばらくはこのままで行きます。

DSC_7975
琺瑯鍋の取っ手のように、小さな取っ手が掴みやすい!
大きなミトンは指先の感覚がよくわからないのが欠点でしたが、
これは小さい分、“掴んだ感”がはっきりと分かります。

DSC_7976
横から見た図。
手を覆う面積が狭いのでヤケドには要注意ですね。

これでもう、“手拭きを折り重ねてミトン代わり”からは卒業!
大きなミトンの出番がますますなくなるわ〜。
しばらく使ってみて、これひとつで事足りるならミトンを一本化しようと思います。