こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

カテゴリ: > 食事・料理

たまに珍しい野菜が入荷される、ご近所の小規模スーパー。
スノーマーチ、チンゲンナバナ、セレベスの親、パープルフラワー……
幾度となく私のチャレンジ精神を駆り立ててきた大好きなスーパーです。

今の時期はかぼちゃ祭り!
そのスーパーではノーマルかぼちゃの他に、
黄と緑のバイカラーが楽しいおもちゃかぼちゃ(たぶん観賞用)、
そうめんかぼちゃ、コリンキーがラインナップ。

コリンキー???
おしゃれなカフェやレストランで時々お目にかかる程度の新種のかぼちゃ。
かぼちゃだけど生食できるとな!? き、気になる……。

_DSC1219
というわけで、好奇心を抑えきれず買ってきましたコリンキー。
全長17cm、ずっしりと重く、見た目はまるで果物のようですが、ヘタはかぼちゃ一族のそれと同じ。
珍しくて大きな野菜の割に、チャレンジしやすいお手頃価格でよかったです(300円しなかった)。

_DSC1220
帰宅後によく見たら特別栽培農作物でした。
特別栽培はざっくり言うと「農薬と化学肥料を通常の半分以下に抑えた」農作物。
そんなありがたいコリンキーだったとは(笑)。石毛さんありがとう!

続きを読む

4月下旬に日本再上陸を果たしたアメリカのタコスチェーン店「タコベル」。
オープン初日、渋谷にできた大行列ニュースになりましたが、あれから2ヶ月。
そろそろ行列も落ち着いているはず。というわけで、行ってみました!

タコベル日本 公式サイト

タコベルと同じく日本再上陸系のお店「シナボン」へ行った時のレポートで、
次はぜひタコベルへ、とのリクエストをいただいておりましたし、
ファストカジュアル(フレッシュネスバーガーやサブウェイのようなカテゴリー)好きとしては、
一度行ってみたくて。

でも、行ったら大行列!は避けたい。
恐らくすいているであろう、雨が降ったり止んだりの平日、夕方16時過ぎにお邪魔しました。

IMG_4911
ド方向音痴ゆえ、Google Mapを見ながら行ったはずが、なぜか大回りで到着。
道玄坂沿いに進めば着く場所なのに……いや、たどり着けただけで十分です(笑)。

お店は、1Fにオーダーカウンター、客席、ドリンクバー、B1Fに客席、お手洗いという構成。
私が着いた時はオーダー待ちが5組、1Fの客席は8〜9割が埋まっていました。
10分前後の待ちは覚悟しましたから、3分ほどで順番が回ってきて拍子抜け。

オーダーはスタッフのお姉さんに相談して決めました。
事前に見たWEB上のメニューも、レジ上のメニュー看板も、とにかくわかりづらくて!
メニュー表を撤去した頃のマクドナルド並みの分かりづらさです(笑)。

続きを読む

スタミナ源たれは、塩を愛用ですか?
わたしのお友達のご主人の実家が青森で、よく買ってきてもらいます😆
塩だれにとりもも肉を半日位つけておくだけ塩唐揚げが作れますよ❤️
ご存知でしたらごめんなさい💦
あっこさんから何とも美味しそうなコメントお寄せいただきました!
「スタミナ源たれ」は、青森が生んだ焼肉のたれの名品。
4年前、コンタクトレンズの通販サイトでケア用品を購入した際、
ケア用品に混じってなぜかこの「源たれ」が販売されていて……
ミスマッチなセレクトに突っ込みつつも、あえて専門外の商品を取り扱う=味に自信があるから?
興味が勝って試しに購入したら大ヒットだったという、不思議な馴れ初めがあります(笑)。

私はゴールド甘口を愛用しているのですが、塩焼のたれ&唐揚げは未体験でした。
せっかくなのでこの機会に挑戦!
今や「源たれ」はご近所のスーパーにも並んでいるメジャーな存在。
取り寄せずとも手に入るなんていい時代だわ〜。

_DSC0452
「スタミナ源 塩焼のたれ」で鶏もも肉の唐揚げを作ってみました。
味しみが良く、醤油味の唐揚げとはまた違ったおいしさ♡
硬くならずジューシー。片栗粉のサクサク衣との相性も抜群。
大根おろしを添えてもさっぱりといただけそう。
醤油ベースの付け合わせがあるときは塩唐揚げが合いますね。
今日の副菜は焼きなすのポン酢醤油、ほうれん草の白和えだったので、塩唐揚げがぴったり。

調味料をイチから合わせて塩唐揚げを作る時もありますが、
たれは調味料が完全に混じり合っているからでしょうか、味しみが早い気がします。
調味料を切らした時のお助け用としても期待できそう(笑)。

_DSC0453
作り方は適当そのものですが、失敗なく仕上がりました。

1.鶏もも肉を大きめの一口大に切る。
分厚い部分はフォークで穴を開けるか包丁で切り込みを入れる。
(私はジューシーな仕上がりが好みなので単3電池4本サイズでカットしています)
2.肉をボウルに入れ、ひたひたの「塩焼のたれ」を加える。
3.たれを肉全体に絡ませてしばらく置く。
4.肉の汁気を軽く切り、片栗粉をまぶして揚げればできあがり。

3の漬け込み時間、今回は1時間足らずで十分に味がしみました。
冷蔵庫から出したばかり肉も常温に近づいて一石二鳥。
今度はお弁当用に量産しようっと。
あっこさん、美味しいネタをありがとうございました! 

先日ご紹介しました濃厚旨味ドレッシングのフォロミール
食材との相性の幅が広く、 毎日色々なものに掛けて楽しんでおります。
今後パン巡りの旅で美味しい食パンを入手したら試そうと思っていた、
フォロミールを使ったサンドイッチですが、食いしん坊に旅が待てるはずもなく、
スーパーの食パンでサンドイッチを作りました(笑)。

_DSC0375
とても簡単で美味しいサンドイッチができて大満足♡
ゆでたまごにフォロミールを和えるだけのお手軽サンドです。
今回は以前作って大好物になったきゅうりのサンドイッチを重ねて、
トーストサンドでいただきました。

【たまごサンド 超適当レシピ】食パン2枚分
・ゆでたまご 1個
・フォロミール 大さじ1弱(お好みで)
・バターとマスタード 適量

1.ゆでたまごをフォークで適当に潰しフォロミールを混ぜる。
2.パンにバターとマスタードを塗り、たまごを広げて挟めば完成。 

ごくシンプルなサンドイッチですが、フォロミールの玉ねぎとにんにくの風味が効いて、
具材をあれこれ挟まなくても味が決まります。
きゅうりなしでたまごだけでも十分美味しいかと!
私にはマヨネーズ和えよりも好みの味でした。
ゆでたまごを作り置きすれば5分足らずでできる手軽さ。ロールパンに挟んでおやつにも。
粘度の高いドレッシングはサンドイッチに向きますね。
生ハムやスモークサーモン、白身魚のフライにも合いそうで、
今後のワクワクサンドイッチ計画が止まりません(笑)。

パンの話題に続いて、唐突にサラダドレッシングネタの登場です。
パートナーがやっと本腰を入れてメタボ対策に乗り出す気になり、
野菜たっぷり&十分なタンパク質&炭水化物控えめの食事でダイエットを始めました。
毎日の食事の核である野菜メニューは大根などの煮物(薄味)とサラダですが、
サラダを美味しく食べるのに重要なのがドレッシング!

手作りドレッシングはミキサーの手入れが面倒、かつ、衛生を保つ自信がないので、
もっぱら市販のドレッシング頼りです。
(分離ドレッシングは酢のカドが苦手なパートナーには不向き)
入手しやすく味に安定感があるキユーピーのドレッシングをリピートするも、
小ボトルはすぐに使い切る上、毎回少量残るのが口惜しく(笑)、
大ボトルは味のバリエーションが少ないとあって、さすがに飽きてきました。

レタスとキャベツ、和野菜と洋野菜、生野菜と温野菜。
どちらにも合い、躊躇せずに掛けられる価格で美味しいドレッシングはないものか。
ふらっと立ち寄ったカルディにそれはありました。

DSC_0273
店の冷蔵コーナーの片隅にひっそりと佇む、キャラメル色の液体が入ったボトル。

DSC_0276
ラベルにはウサギのイラストとフォロミールの文字。
ザ・昭和な雰囲気満点のこれは一体……!?
続きを読む

このページのトップヘ