こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

カテゴリ:ワードローブ > 小物・雑貨・アクセサリー

昨年末ごろから気になり始めた色、イエロー。
イエローアイテムが少しずつ増えていく中で、
いつしか愛嬌たっぷりの“黄色いあの子”にも惹かれ始めました。

それは、アニヤ・ハインドマーチのスマイリーシリーズ。
スマイリーを端正なレザーアイテムなどにあしらう大人の遊び心に痺れて!
こんなものを身につけたらちょっと楽しくなりそう。さりげなく取り入れてみたい♡
春頃からチェックし始め、ついに出会った理想の小物がこちら。

_DSC2044
ユーモラスなウィンクスマイリーがプリントされたプチスカーフ。
配色、スカーフのサイズ、柄の大きさ……パーフェクト!
小物の中では抜群に長持ちするスカーフ、マルチに使えて、2万円を切るプライスも嬉しい♡
なにこれ? 面白いね、と会話が弾むカンバセーションピースになったらいいな。

色は、かすかにグリーン〜ベージュを感じるライトグレーの地に(写真では再現できず)、
落ち着いたサフランイエローのスマイリー、ダークグレーの縁取り。
くすんだ色と低コントラスト配色がなじむ私にはぴったりでした。
シルクツイルのスカーフは発色の良さを活かして、鮮やかな色や高コントラスト配色が選ばれることが多い中、
元気なモチーフをあえて落ち着いたトーンでまとめるセンスにグッと来ます。
アニヤさん、よくぞこの色を選んでくださった……。

スカーフの大きさは45cm角と、大判スカーフの約半分。これがまたいい!
シルクツイル特有のつるりとした強い光沢に負ける私にとって、
大判スカーフはどんな巻き方をしても面積やボリューム感を削ぐことができない苦戦アイテム。
でも、こちらはプチサイズで似合う配色だからでしょうか。
首元にくるりとひと結びするだけで程よく華やか。
顔が負けないギリギリの攻守バランスにグッと来ます。アニヤさん、よくぞ……(2回目)。

そしてスマイリーの大きさは直径36mm、MS卵の目玉焼きサイズ。
遠目ではドット柄に見える、さりげないスマイリー加減が初心者には安心でした。
アニヤさん、よくぞ……(3回目)。

_DSC2057
首元に巻くのはもちろん、手首に巻いても。
「手首に巻く時は結び終わりの両端を小さめにするとおしゃれですよ」
とても親身に接客してくださった新宿高島屋店の方に教えていただき、
おぼつかないながらも一人で巻いてみました(笑)。

プチスカーフ、今更ながらいいものですね。
ネックレスにブレスレットに、バッグチャームやヘアアクセサリーにだって変幻自在。
(私はスタイリング下手&頭に何か巻くのが似合わないので眺めるだけですが)
おまけに場所も取らないしいいことづくめ。
過去苦戦したアイテムも、選び方をちょっと変えるだけで攻略できる場合がある。
だからおしゃれは面白い!

ずっと気になっているのに、一歩踏み出せないのは準備ができていないから。
ロマンティックな話ではなくミニバッグのことです(笑)。

バッグは小さい方が似合う&普段の荷物も少ない私にとって、今のミニバッグ旋風はチャンス!
しかし、年始にお財布を折財布から長財布に買い換えたばかり。
長財布が入るバッグに限るか、小さな財布を買い足してミニバッグを選択肢に加えるか。
はじめは長財布が入る大きさのミニバッグを探していましたが、
鏡の前で何度見比べても、明らかに似合うのは長財布が入らない大きさのミニバッグ。
この先、心から惚れ込んで似合うミニバッグに出会っても、財布が枷になっては動けない……。
観念した私はミニ財布を買い足す道を選びました。

ミニ財布探しの旅を続けること数ヶ月。
やっと巡り会えたミニ財布は、“長財布のひとつ年下の妹”でした。

_DSC2031
セリーヌ 2015 ウィンターコレクションの三つ折財布、アンタークティック(南極色)。
手のひらサイズが愛らしくもクールな表情を併せ持つミニ財布。
使い始めて10日ほど経ちましたが、小さいのにとっても使いやすい♡
この小さな通行証のおかげで安心してミニバッグ界へと踏み出せそうです。


続きを読む

気分はもう2015AWへと飛び立っておりますが、今季が終わる前に……。
この春夏、新たにワードローブの仲間入りを果たしたアイテムのうち、
いくつかアップしていないものを駆け足でご紹介します。

_DSC0407
春に購入したセリーヌのサングラス。
甘さを中和するファニーな幅広フレーム、
程よいモード感が加わるスーパーフラットなフロント、
透けるカーキの濃淡が軽やかなカラーリング。
当初探していたサングラスとは色も形も異なるけれど、大活躍しています。

続きを読む

末長く愛用したい小物がひとつ増えました。
FOX UMBRELLAS(フォックスアンブレラ)の長傘です。

_DSC0682
初めてフォックスの長傘を手にしたのは一年前のこと
スリムでシックな佇まいに惚れ込み、ネイビーの細革巻タイプを購入しました。
景色がグレーを帯びる雨の日は、“明るい色を身につけたい派”の方も多いかと思いますが、
去年までの私は正反対。
雨の日も、晴れの日も、“心穏やかに過ごせる落ち着いた色がいい派”で、
ネイビーの長傘はその役目を十分に果たしてくれました。

でも、今年に入って、明るい色の気分が少しずつ復活。
2015年のウィッシュリストでも挙げたとおり、今季はとくにイエローが気になる!
服に使うには少々勇気が要る色こそ、小物でトライ!?
前回フォックスの傘を購入したヴァルカナイズへと駆け込みました。

続きを読む

前々回:2015年に更新したいもの1位:バッグの中身と、
前回:2015年財布の旅、そして……の続きです。

一日も早く財布を買い替えたい!
心に火が点いてから、リサーチとイメージトレーニングを続けること数週間。
ついに新しい財布が決まりました♡


DSC_6746
購入したのはセリーヌの長財布、グレージュ(Souris=スリ)×イエローです。

決め手になったのは、程よく主張を抑えたデザイン。
前回最終候補に挙げたジミー・チュウのスタースタッズと悩みましたが、
財布を使うシーンを思い返して……
主張を抑えた方が調和するケースが少なくない、と!

スニーカーとキャンバストートバッグでご近所へ出掛ける時。
得意先とカフェなどで打ち合わせをして会計に立つ時。
候補に挙げた中で、カジュアルスタイルとも相性が良く、
オンの場に相応しい適度な落ち着きがあるのは、セリーヌのグレージュカラーでした。

普段はバッグの中にあって外からは見えない財布。
でも、使う時は人目に触れるアイテムです。
外と中でギャップを楽しむのも一つの考え方ですが、
場の雰囲気や服装、バッグとの調和は、今回私が重視する財布選びのポイント。
“星モチーフ好き”の気持ちは財布以外のアイテムで満たそうと思います。

DSC_6995
オンとオフをわきまえた“デキる大人”の遊び心を思わせる佇まいと配色。
少しだけ背筋が伸びつつも気負いすぎないさじ加減。
フィービー様の卓越したセンスにただただ平伏。
決して安い買い物ではなかったけれど、手に取るたびに、
この財布に相応しい人になりたいと思わせてくれるパワーがあります♡
これから何年かお世話になる新しい財布。どうぞよろしくね。

お店ではバッグを見せていただいたり、夢が膨らむコーディネートを伺ったりと、
美意識が隅々まで行き届いた空間で素晴らしいひとときを過ごせました。
明日への労働意欲に直結したのは言うまでもありません(笑)。

というわけで、2015年財布の旅、これにて完結。
ご覧いただきありがとうございました!

そして財布とは全く関係ない話ですが……
2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)で重要な役割を果たした黒い石柱、モノリス。

 
Interpretations of 2001: A Space Odyssey - Wikipediaより

モノリスのアクションフィギュアがあることを今更ながらに知りました。
“アクション” フィギュアと言っても可動部ゼロのジョーク商品(笑)。
アクション・フィギュア『モノリス』(更新版)  - WIRED.jp
▲しかもTMA-0でも1でもなくTMA-2のフィギュア。こういうジョークセンス大好きです。


▲AmazonにTMA-0バージョンがありました。品切れなのが残念!

この財布は何の偶然か、モノリスの3辺比(1:4:9)に近い、23×95×200mm。
※23mmは一番薄いところを測った値です。
外がブラックの財布を立てて置くと謎の電波を感じられるかも!?
どうでもいい余談でした。

続きは、財布を10日ほど使ったレポートです。


続きを読む

このページのトップヘ