こなメモ

忘れっぽい自分へのメモ書き。またの名を散財日記といいます。

カテゴリ:ワードローブ > 小物・雑貨・アクセサリー

これからの季節に必ず重宝するアイテムを手に入れました。
機能よし、見た目よし、価格よしの3拍子揃ったペットボトルカバーです。

_DSC3835

私は普段の荷物がかなり少ない方ですが、そうも行かないのが夏。
ハンドタオルや汗ふきシート、外したサングラス、ペットボトルなど、
短時間の外出でない限り、夏ならではの荷物が増えてしまいます。

今季買ったバッグは夏の荷物問題を解決する、大容量&出し入れ簡単なタイプ。
これでひと安心……いや、一点だけ問題が。
バッグの内側にはスプリットレザー(スエードのように起毛したレザー)が使われています。
冷えたペットボトルをバッグにそのまま入れると、
結露の水滴が起毛レザーに染み込んでバッグの風合いを損ねるかも!?

対策1:レジ袋に入れる
→袋の外側にも水滴が付いたら意味がない。見た目がイマイチ。

対策2:タオルで包む
→起毛レザーとの摩擦で毛足が剥がれ、タオルのパイルにこびり付いてしまう。
ハンドタオルでは覆いきれずフェイスタオルでは嵩張りすぎる。

対策3:ペットボトルカバーに入れる
→やっぱこれか。

というわけで(笑)ペットボトルカバーを探すことに。
内側の水滴を漏らさない防水性、外側に水滴が付かない断熱性、摩擦が起きないツルツル素材。
それでいてシンプルかつバッグに合うデザインだったら尚嬉しい。
Amazonの検索結果をひたすら眺めていたら、ついに条件をクリアするカバーが見つかりました!
続きを読む

今季、空席だった夏の帽子が見つかりました!

これまで3年愛用してきたEcua-Andinoのパナマハットとお別れしたのは昨年秋のこと。
パナマハットで最も弱いツマミ(中折れ帽の山頂部分)が割れてしまって……。

同じ帽子を買い替えるか、別の帽子を探すか。
Ecuaのパナマハットは気に入っていたけれど、白地に黒リボンのコントラスト配色。
今季メインで楽しみたいアースカラーのグラデーションにはちょっと強いかも?
1個目はアースカラーになじむ、白×黒以外を選びたい。

そんなこんなで春から帽子探しを始めたのに、気づけば6月。
今年は梅雨入り後も晴天が多くて気が焦る中、
映画の待ち時間にふらり立ち寄ったお店でついに出会いました。

_DSC3833


続きを読む

昨年末ごろから気になり始めた色、イエロー。
イエローアイテムが少しずつ増えていく中で、
いつしか愛嬌たっぷりの“黄色いあの子”にも惹かれ始めました。

それは、アニヤ・ハインドマーチのスマイリーシリーズ。
スマイリーを端正なレザーアイテムなどにあしらう大人の遊び心に痺れて!
こんなものを身につけたらちょっと楽しくなりそう。さりげなく取り入れてみたい♡
春頃からチェックし始め、ついに出会った理想の小物がこちら。

_DSC2044
ユーモラスなウィンクスマイリーがプリントされたプチスカーフ。
配色、スカーフのサイズ、柄の大きさ……パーフェクト!
小物の中では抜群に長持ちするスカーフ、マルチに使えて、2万円を切るプライスも嬉しい♡
なにこれ? 面白いね、と会話が弾むカンバセーションピースになったらいいな。

色は、かすかにグリーン〜ベージュを感じるライトグレーの地に(写真では再現できず)、
落ち着いたサフランイエローのスマイリー、ダークグレーの縁取り。
くすんだ色と低コントラスト配色がなじむ私にはぴったりでした。
シルクツイルのスカーフは発色の良さを活かして、鮮やかな色や高コントラスト配色が選ばれることが多い中、
元気なモチーフをあえて落ち着いたトーンでまとめるセンスにグッと来ます。
アニヤさん、よくぞこの色を選んでくださった……。

スカーフの大きさは45cm角と、大判スカーフの約半分。これがまたいい!
シルクツイル特有のつるりとした強い光沢に負ける私にとって、
大判スカーフはどんな巻き方をしても面積やボリューム感を削ぐことができない苦戦アイテム。
でも、こちらはプチサイズで似合う配色だからでしょうか。
首元にくるりとひと結びするだけで程よく華やか。
顔が負けないギリギリの攻守バランスにグッと来ます。アニヤさん、よくぞ……(2回目)。

そしてスマイリーの大きさは直径36mm、MS卵の目玉焼きサイズ。
遠目ではドット柄に見える、さりげないスマイリー加減が初心者には安心でした。
アニヤさん、よくぞ……(3回目)。

_DSC2057
首元に巻くのはもちろん、手首に巻いても。
「手首に巻く時は結び終わりの両端を小さめにするとおしゃれですよ」
とても親身に接客してくださった新宿高島屋店の方に教えていただき、
おぼつかないながらも一人で巻いてみました(笑)。

プチスカーフ、今更ながらいいものですね。
ネックレスにブレスレットに、バッグチャームやヘアアクセサリーにだって変幻自在。
(私はスタイリング下手&頭に何か巻くのが似合わないので眺めるだけですが)
おまけに場所も取らないしいいことづくめ。
過去苦戦したアイテムも、選び方をちょっと変えるだけで攻略できる場合がある。
だからおしゃれは面白い!

ずっと気になっているのに、一歩踏み出せないのは準備ができていないから。
ロマンティックな話ではなくミニバッグのことです(笑)。

バッグは小さい方が似合う&普段の荷物も少ない私にとって、今のミニバッグ旋風はチャンス!
しかし、年始にお財布を折財布から長財布に買い換えたばかり。
長財布が入るバッグに限るか、小さな財布を買い足してミニバッグを選択肢に加えるか。
はじめは長財布が入る大きさのミニバッグを探していましたが、
鏡の前で何度見比べても、明らかに似合うのは長財布が入らない大きさのミニバッグ。
この先、心から惚れ込んで似合うミニバッグに出会っても、財布が枷になっては動けない……。
観念した私はミニ財布を買い足す道を選びました。

ミニ財布探しの旅を続けること数ヶ月。
やっと巡り会えたミニ財布は、“長財布のひとつ年下の妹”でした。

_DSC2031
セリーヌ 2015 ウィンターコレクションの三つ折財布、アンタークティック(南極色)。
手のひらサイズが愛らしくもクールな表情を併せ持つミニ財布。
使い始めて10日ほど経ちましたが、小さいのにとっても使いやすい♡
この小さな通行証のおかげで安心してミニバッグ界へと踏み出せそうです。


続きを読む

気分はもう2015AWへと飛び立っておりますが、今季が終わる前に……。
この春夏、新たにワードローブの仲間入りを果たしたアイテムのうち、
いくつかアップしていないものを駆け足でご紹介します。

_DSC0407
春に購入したセリーヌのサングラス。
甘さを中和するファニーな幅広フレーム、
程よいモード感が加わるスーパーフラットなフロント、
透けるカーキの濃淡が軽やかなカラーリング。
当初探していたサングラスとは色も形も異なるけれど、大活躍しています。

続きを読む

このページのトップヘ